⭐︎

Sponsored Link

2015-02-10

【シンプルライフ】我が家のトイレ掃除事情。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
トイレ掃除は毎日の日課になっています。といっても、毎日気合いいれてやるのではなく、これも「ついで掃除」。祖母や母に小さい頃「トイレ使った後に掃除をすると美人になって運がつくよ」と言われ、それを信じて(?)磨いてきました。笑
それが叶ったかどうかはともかく、トイレ掃除がいい習慣になったので、それには感謝です。

シンプルライフトイレ掃除

お掃除を楽しんでいらっしゃる方もたくさん!
トラコミュ丁寧な暮らし

お掃除はヨガ


以前、ヨガスタジオが入っているビルの掃除のおばさんと話すことがあって、その時のおばちゃんが一言「おばちゃんは体硬いけど、お掃除することがヨガやわ〜」。
おばちゃん名言でました。まさしくそうなのです。
ヨガは身体のポーズをとる以前に、守る事がいくつかあって、その中に「清潔に保つ」という教えが出てきます。自分の身体を清潔に保つだけでなく、まわりも清潔に保つ。ヨガから学んだシンプルライフの一つです。


トイレ掃除に使うもの


シンプルライフやナチュラル思考な方などは洗剤を使わない暮らしをしている方も多いかと思います。私自身も、手荒れが気になるのと、できるだけそれ専用の洗剤を買いたくないので、トイレ掃除も使い回せるもので代用しています。
おなじみですが、重曹・クエン酸・エッセンシャルオイルの3つです。


クエン酸水



トイレ掃除クエン酸水

まずは鉄板のクエン酸水。
水100mlに対してクエン酸小さじ半分を溶かします。
私はここにエッセンシャルオイルも数滴いれています。

尿石はアルカリ性の汚れなのでクエン酸が発揮します。
なので、便器の外側はクエン酸スプレーをシュッとして、トイレットペーパーで拭き取ります。便器の中はブラシを使ってゴシゴシ。

トイレクイックルは実家では使っていましたが、トイレットペーパーで代用できると思っい、やめました。

以前テレビで元宝塚歌劇団のセレブな主婦の方がゴム手袋を使って素手で便器の中を掃除しているのを見ました。すごいー!と思ったのですが、私の「ついで掃除」にはやっぱりブラシの方が便利なのでブラシ使用してます。

そして写真にあるエッセンシャルオイルは、クエン酸水に使うだけでなく、トイレの芳香代わりにも。気になるときに、無印の素焼きストーンに数滴垂らします。


重曹はこう使う


トイレ掃除重曹


重曹は瓶に入れて、トイレの端にこんな感じで置いてます。
重曹の消臭効果を狙っておいてありますが、この重曹を便器の中に振りかけて、掃除にも使っています。


汚れを溜めない


私の性格上、溜まった汚れを処理する方が重労働なのです…。
そしてその溜まった汚れを取るには、また高機能な洗剤が必要だったりモノも増える。
だったら、こまめについでにやる方が楽、というわけです。

使った後に汚していないかチェック、汚れていたらその場で処理。うちは主人という男性もいる上、家で仕事もしているので、トイレ使用回数も多く汚れる頻度も高い。
なるべく彼にも「汚したらそのときにふいてね〜」と言ってますが、今のところは私が気づいた時点で掃除します。笑 

でも、クエン酸水をシュシュっとして、トイレットペーパーで拭くだけなので、手間はかかりません。

そして、一応、「トイレ綺麗に使ってくれてありがとうね。」の意味を込めて、「thank you」と書かれた一番上の写真にあるポストカードを飾っています。

ほんわかとしたイラストが可愛い木下綾乃さんのポストカードです。手紙生活やレターブックなど、手紙を書く楽しみを広げてくれる本などもかかれています。1枚のお気に入りの絵があるだけでトイレの雰囲気が明るくなる気がします。


エッセンシャルオイル(アロマオイル)


使っているエッセンシャルオイルは特にこだわっていないので、ここで買っています。
お安いので、たくさん使えます。香りはラベンダー・ティーツリー・ゼラニウム・グレープフルーツと香りも定番化しています。


Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。

Instagram