⭐︎

Sponsored Link

2015-02-24

【シンプルライフ】手放して得る、ゆとりと幸せ。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
ヨガを始めてシンプルな暮らしを心掛けてから、私のなかで大きな変化がいくつかありました。


ヨガとシンプルライフゆとりのある暮らし画像

せっかちだった性格を変えたヨガ。


その一つが、「待つこと」を楽しめるようになったということ。もともと、イラチでせっかちな関西の娘。

「さっさとして」が口ぐせだったように思います…。(怖い…)

ところが、ヨガを始めて、身体が思うように動かない、先生のガイドもなんてスローリー、いらちでせっかちだった私は「早くできるようになりたい!先生のカウントが遅い!」とむずむずしていたのですが、だんだん、「ゆっくり動く」という心地良さがわかるようになってきました。

「早くできるようになりたい」と思う気持ちを手放し「まあ、いつか出来るようになればいいや」と思うようになったころ、不思議と出来なかったポーズも出来るようになっていたり。

せっかちだった私は、何をそんなに急いでいたんだろう?と一歩立ち止まることができました。多分、自分の中にあるものが整理できてなくて、「あれもしなきゃ、これもしなきゃ、あー時間がたりない!」

それが、ヨガで「自分の呼吸を意識する、ゆっくり呼吸する、ゆっくり丁寧に動く」と教わり、ふと立ち止まってみると、実は「やらなければならないこと」なんて一つもなかったことに気づきました。全部、自分がやりたいからやっていただけ。やりたくないなら手放せばいいだけなのに、その時の私は色んなモノを必死に掴んでいました。


手放して得たもの。


手放す勇気を「ゆっくり呼吸する」というとてもシンプルな行為から気づきました。呼吸自体が、「吸う」と「吐く」でワンセット、「取り入れる」と「手放す」。呼吸だってずっと「吸う」(取り入れる)ばかりじゃ呼吸困難になります。どこかでしっかり「吐く」手放す事をしないと。

そう気づき、それまで取り入れ続けていた色んなモノゴトを手放してからは、時間がゆったりと流れるようになりました。というより、ゆったり流れていることに気づくことができた、というのが正しいかもしれません。そして、色んなことを「ゆっくり待つ」という事も楽しめるように。


花を待つ楽しみ。


それから、私が楽しむようになったことの一つ。花を育てる事。
種をまいてから育てる課程が好きです。去年の夏は変化朝顔という朝顔の一つを育て、種を収穫しました。

今はチューリップを育てています。(お義母さんからの贈物)10月くらいに球根を蒔き、雪の日も心配しましたが、芽をだし、ようやく写真くらいに育っています。可愛い:)

園芸も自分が管理できる分だけ。


花が咲くまで時間はかかりますが、その課程も楽しませてくれています。
花も好きなので、ついつい見かけては買いたくなるのですが、「プランター2つに入るだけ」と決めて、その季節毎に楽しんでます。可愛い!と思ってすぐに買ってしまうと、結局育てきれなくて鉢ばかりが溜まっていくことも…。

基本的に面倒くさがりな性格なので、あまり手入れが難しいものもやりません。笑。
チューリップも難しそう?と思っていましたが、球根を植えて水をやっているだけで、とりあえずここまで成長してくれています。嬉しい:)
毎朝ベランダを見る楽しみです。

呼吸と同じ。
一つ取り入れたら、一つ手放す。そうやってバランスよく過ごしていきたいものです。

シンプルライフ的考え方にシフトさせてくれた、オススメの本。

今日もありがとうございました:)
よければ見たよ、の代わりに押して頂けると更新の励みになります:)



Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。

Instagram