⭐︎

Sponsored Link

2015-03-13

【シンプル美容】自分の為に口角を少し上げる。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
ブログを書くようになって、パソコンを使うことが増えたのですが、最近 パソコンに向かっているとき、主人に言われます。「顔がこわい。」と。

はっ!と気づいて変顔してストレッチします。笑


参加トラコミュ:丁寧な暮らし


怖い顔がもらたす美容への悪影響。


時々電車の中でスマホをしてる人を見て、眉間がものすごく寄っている人を見る事も。自分たちが気づかないうちに、私たちは怖い顔になっていることが多いようです。

怖い顔→眉間に力が入る→眉間にシワが入る。
怖い顔→口角が下がっている→ほうれい線が出来る。

(`へ')

はっ!

怖い顔は女性の美容にも大敵です。これはいけません。

そして怖い顔がもたらすこと。不機嫌の人が一人いるだけでまわりの空気がとても重くなります…。「人間の最大の罪は不機嫌である」というゲーテの言葉を知ってから、私も気をつけるようにはしています。

でも、パソコンやスマホに夢中になったりしてるとき、不機嫌ではないけど知らない間に怖い顔になってしまっている…。反省。

それを防ぐために、そして美容の為に!「口角を少しだけ上げておく。」

少しだけ、というのがポイント。あまり上げすぎるとこれまた不自然で気持悪いと主人に言われました。

一人だったら、パソコンしてるとき思いっきり口角上げたり変顔してても良いかもしれません。はたから見たら気持ち悪いですが、顔のストレッチ気持ちいいですよ。
顔ヨガというジャンルもあるくらいなので。笑。

口角を上げる効果


口角を上げていると、表情筋がじんわりと鍛えられます。これが頬のたるみやほうれい線を予防します。そして、口角を上げていると、脳が「この人幸せなんだ!」と勘違いしてくれるそうです。それは嬉しい効果。

これはヨガのポーズの最中にも言えるのですが、一生懸命ポーズをしようとして、怖い顔になっているとき、実は呼吸も浅くなっていて、身体もガチガチに緊張してしまい結局ポーズもできない。でも、ちょっとリラックスして笑顔でポーズをすると、難しいポーズも楽しく思えてくる、その結果できてしまうこともあったりします。

あと、口角を上げているとやっぱりまわりの人への印象もいいです。でも最初は人の為にやるのではなくて、自分の為でいいと思います。愛想笑いは疲れちゃうけど、自分のほうれい線予防、美容の為に、自分の幸せのためにちょっと口角を上げてみる。

でもその結果、周りへの印象も良くなる。いいこと尽くし!

私は普段からよく、への字の口になってしまうので、気をつけたいところです。(・へ・)自分が気をつけようと思ったので書きました。

息を吸って私は静か、息を吐いて私は微笑む」/ティックナットハン
好きな言葉です。そして、お花を見たり、自然のきれいな風景を見たりすると自然に口角ってあがってるなぁと思いました。これから花がたくさん楽しめる季節。楽しみです。

我が家のベランダの2つのプランター。リューリップもだいぶ大きくなりました。そしてもう一つが上のビオラです。冬を乗り越えてめっちゃ元気です。

「シンプルな美容」にまつわる記事


Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。

Instagram