⭐︎

Sponsored Link

2015-03-20

【女性限定】布ナプキンの効果と私の変化。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
今日は新月なので、月つながりということで女性限定の話題、月経・生理用品についてのお話をしたいと思います。

私は、もともと生理痛がひどかったのと、生理用のナプキンでのムレとかぶれが気になって今は布ナプキンを使用しています。以下、デリケートな話をわりと赤裸々に書きますので、苦手な方はスルーしてくださいね。そして少し長文です。


Old Moon in the new Moon's arms / doegox




布ナプキンに変えたきっかけ。


学生の頃から生理痛がひどく、1日目は寝込むほど。きつい時は倒れることもありました。それからは鎮痛剤で痛みを抑えてなんとか毎月乗り越えていました。ほんとに毎月が苦痛で苦痛で…。その生理痛を少しでも軽くしたいのと、市販のナプキンでのムレとかぶれから解放されたくて色々調べてたときに出会ったのが布ナプキンとこの本。


昔の女性はできていた [ 三砂ちづる ]

「昔の女性は月経血をコントロールすることで自分のからだと向き合い、身体と心のバランスを整えていた」
というなかなか興味深い本です。昔の女性すべてが経血コントロールができたかどうかということに関しては色々意見があるようですが、この本を読んで、私は自分の生理自体を忌み嫌っていたことに気付きました。「生理なんかなくなればいいのに」と。つまり、自分の女性性も暗に否定していたのかな、と。

ちょうどヨガでも「骨盤底筋を意識する」など繋がる部分もあって、布ナプキンを始めてみました。それからかれこれ、5~6年のお付き合いです。


布ナプキンにして良かったこと


市販の生理ナプキンを使用していた時は、それこそ言い方悪いですが「垂れ流し」状態。経血も多く漏らしてしまうことも多々、夜寝るときなんかはもうヒヤヒヤしていました。

それが、布ナプキンを使うようになってから、やっぱり布ナプキンもあまり汚したくないという思いが働くからか、経血が出るタイミングにトイレに行けるようになりました。それまでは膣を少しふんわりと締めておき、出そうだなと思ったらトイレで。ちょうどヨガを並行してやっていたのでうまくいったのかもしれません。

もちろん、完璧にはいかないので、布ナプキンも汚してしまいますが、それでも市販のナプキンを使っていた時のように、漏れることはなくなりました。

そして、夜も経血の量は減ったのですが、出る時はそのタイミングで不思議とパッと目がさめるように。なので結果的に生理中はトイレに行く回数は増えますが、ナプキンを使う枚数はものすごく減りました。垂れ流す、ということが減りました。(表現が悪くてゴメンなさい…!)

あと、ムレとかぶれ等の市販のナプキンの不快感からは解消されたことで、本当に生理が快適になりました。生理痛については婦人科に行って原因も調べたり(少し問題も見つかった)、ヨガや足湯をしたりと他にも色々しているので布ナプキンだけで良くなった、ということはないかと思いますが、全体を見ては良くなっているので、私にとっては効果はあったと思います。

布ナプキンのお手入れ


使った布ナプキンはアルカリウォッシュを振りかけて水に浸けておくと、ほとんど経血は取れてしまいます。ほんとびっくりするくらいに。経血が取れたら、洗濯機に入れて洗っています。

ただ、浸け置き時にかなり経血が出て水が真っ赤になるので、男性や、血が苦手な同居人がいる場合は色付きのバケツで蓋をつけておいたほうがいいかと思います。(白や透明のバケツは血の色が見えてしまう。)

私は100均で買った柔らかい茶色のシリコンのバケツに浸け置きしています。茶色なので経血の色がわからない。


使用している布ナプキン


今はヨガのお友達に教えてもらったティプアというメーカーのものを使用しています。このメーカーの良い点は裏地が柄になっていて見た目もちょっと可愛いのと、表地が濃いピンクなので、経血が目立ちにくい点です。そして、以前はオーガニックコットンの生成りのものを使っていましたが、それよりも生地が丈夫。なかなかヘタレません。おすすめ。


ティプア/布ナプキン

外出時は?


短時間の時は布ナプキンで出かけますが、丸1日外出したりするときは、市販のナプキンを使用しています。量が少ないときは布ナプで、あとはトイレで出す方式。ほんとは生理の時は家でゆっくりしてたいので、できれば外出したくないですが…。でも市販のナプキンを買うことが本当に少なくなりました。

トラコミュ:買わない習慣

緊急時にはやっぱり必要になる市販のナプキンですが、それ以外の時は布ナプキンで過ごしたいと思います。

最近女性ミニマリストさんのブログではディーバカップ(月経カップ)というものも良く見かけるようになってきたのでちょっと気になっています。

最後に。


布ナプキンに変えて、経血の状態をちゃんと見たり、自分の身体と向き合えることになったのはとても良かったです。生理がちゃんと来るというのも体の月に1度の大掃除。以前、「生理になった…(だから今日は体重くてちょっと憂鬱)」みたいな感じで主人に言ったら「よかったやん!健康ってこと!じゃあゆっくりやすみよし。」と言ってくれた時はびっくりしました。

その時に、ああ、この人と結婚してよかったなとしみじみ思いました。生理痛が全くない女性や男性の方に、結構キツイことを言われたこともあるのでこの理解はとても助かります。これからも子宮と卵巣も大事に、生理ともうまく付き合っていきたいです。


月経・美人セルフケア [ 長谷川淨潤 ]

さいごまでありがとうございました:)デリケートな話におつきあい頂けて感謝しています。


Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。

Instagram