⭐︎

Sponsored Link

2015-03-16

白砂糖を甜菜糖に変える、砂糖断ちをやってみる。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
我が家では、白砂糖を使っていません。実家の時からなので、かれこれ5年くらい前に白砂糖をやめました。これに関しては主人から特に意見もなかったので、結婚してからも白砂糖は買わず甜菜糖を使っています。

シンプルライフミニマリスト食事砂糖断ち

こちらのトラコミュもおやつなどは手作りが多くて参考になります↓でも見てると食べたくなる危険も…!


白砂糖をやめたわけ。


ヨガ仲間でマクロビをやっていた方も多く、その影響で私も少しマクロビのお料理教室に通っていました。その時に学んだ、隠と陽の関係。それによると、白砂糖は体を冷やす作用があるという…。体の冷えが気になっていた私は、それで白砂糖をやめてみました。料理に使うものもみりんか甜菜糖で代用します。

その後、マクロビからは離れてしまいましたが、甜菜糖は続けています。

市販のお菓子はほぼ白砂糖が使われていると思うので、それをやめるかおやつは手作りするかが一番いいのですが、そこまでは気にせず、自分で作るぶんだけは甜菜糖にしています。

甜菜糖は最近はスーパーでも手軽に買えるようになってきました。私もいつも使う一番近いスーパーで買っているので助かります。


他の使っている調味料リスト(冷蔵庫の中に入っているもの)はここ↓

砂糖断ちをやってみる。


白砂糖に関しては色々言われていますが、私はお菓子が大好きでほっておくと結構お菓子を食べてしまうので、摂り過ぎに気をつけたいところ。

私の場合、肌がアトピーのように荒れた時に、お菓子も含めて甘いものをとりすぎると目のまわりが真っ赤になったりしました。

その時に砂糖断ちを1週間してみました。最初の3日ほどは、禁断症状のようにお菓子や甘い物がとりたくてとりたくて仕方なくなり、その時にちょっと砂糖の恐ろしさを感じました。

最近、ちょっと甘いものを摂りすぎている感があったので、また砂糖断ちをやってました。(厳密に言うとお菓子と甘い飲み物断ち。おかずは除く)

今回はとりあえず肝臓を休めようと、3日間の目標だったのですが、とりあえずホワイトデーまでとして、5日間おやつをストップしました。笑 

お菓子をストップさせて気づいたこと。


それで気づいたことは、やっぱり甘いものは嗜好品だなと。必要な糖分はごはんやおかずから摂るとして、おやつは食べなければ食べなくても平気なものでした。

自分の中でそんなに必要としていないのに、「なんとなく甘いものが食べたい」という気持ちに流されていたように思います。他に解消しなければいけないことがあるのに、それを甘いもので紛れさせていたことにも気づきました。甘いものを摂ることで、とりあえず気持ちが満足していました。

そして、5日ぶりに食べたお菓子は味がやっぱり濃く、甘すぎることを実感。

甘いものの摂り過ぎはダメ!と気にしすぎてもまた大変なので、ほどほどに楽しみながら、おやつをたくさん食べたい時は、白砂糖を使わない手作りおやつも楽しんでみたいと思います。お菓子がなくても大丈夫、あったら嬉しい、くらいの感じが理想。

私にとってのお酒は完全に外で時々楽しむものなので、お菓子もそのくらいになればいいな、と思います。とりあえず、普段の買い物するときに自分のおやつを買わない、を続けます。笑 




Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。