⭐︎

Sponsored Link

2015-04-08

【ワードローブ】春の靴はこの5足、定番バレエシューズが好きすぎる。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
冬のブーツ類。かかとの修理をして、靴磨きをして片付けました。そして代わりに出したのが春の靴たち。春はこの4足を活用します。下段はまた主人のもの。

シンプルライフワードローブ靴

バレエシューズの魅力にとりつかれる。


鏡の前に置くと、多く見えてしまいますね。笑。お気づきかと思いますが、バレエシューズばかりです。そうなんです、バレエシューズが大好きなんです…。

ヨガを始めてから、足や足の裏を意識することも多くなり、足にストレスがかからない靴を選ぶことが増えました。(それまではヒールのあるパンプスなどを選ぶことも多かった。)「おしゃれは我慢」を捨てました。

バレエシューズはフラットなので歩きやすいですし、意外にどんなスタイルにも合います。そして、デニムなどのパンツスタイルでも足元を女性らしくしてくれます。(底が薄すぎるものは長く歩くと疲れやすいというデメリットもありますが。)そして何よりも、バレエシューズのこの形が大好きなんです。

ただ、バレエシューズも足に合わないものは小指が痛かったり、かかとが痛かったりするので、靴を買うときは必ず試着します。何度か失敗もしています。



履きやすいバレエシューズは?


いろんな靴を手放して、残ったものがバレエシューズばかりでした。バレエシューズも好きすぎて、並べてコレクションしていたほど…。それを断捨離してイマココです。

一番手前の赤いものはrepetto、真ん中のレオパードはユニクロ、奥のネイビーは無印。無印のものはインソールがクッションになっていて柔らかいですし、ユニクロのもの足の幅が広く履きやすい。レペットは履きなれるまでかかとがちょっと痛かったです…。友人がザラのバレエシューズも履きやすくて、色ち買いしたと聞いたので、それもちょっと気になっています。

バレエシューズも私の定番アイテム。普段の服装がカジュアルで、デニムなどのスタイルも多いので、アクセやバッグなど小物でできるだけ女性らしいものを取り入れるようにしています。

ただ、足首が冷えるので、まだ寒いなと感じる日は履けません。そんな時は奥のスニーカーで。これは冬も使っていたもの。ここに写っていませんが、オールスターの白も定番で持っています。足が冷えそうな日はスニーカーで。



春はちょっとオシャレを楽しみたくなる季節。靴もちょっと増えますが、足元が気に入ったもので外出するととても気持ちいいです。今日はまた寒くて、バレエシューズは履けませんが…。

パーティ用のパンプスなどを合わせるとまだまだ結構持っています。(履かずに手放せないものもまだある。)でも自分で把握できるようになっていることは、私にとって大きな成長です。笑。

今日もありがとうございました:)


Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。

Instagram