⭐︎

Sponsored Link

2015-05-13

【断捨離】家に帰るとソファがなくなっていた話。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
引越しというのはひとつの大きな断捨離のタイミングですね。

先日、実家から自宅に帰るとなんとソファがなくなっていました。主人がようやく少しづつ断捨離に目覚め、手放してくれたようです。


断捨離引越し


引越しは断捨離のチャンス。


ソファは新しい持ち主に引き取ってもらったのですが、もう5年以上は使っていたのですが、ちょっとマニア受けするデザインのものだそうで、いい値段で売れたそう。くつろぎのスペースには今ヨガマットが敷いてあります。主人もこの上でゴロゴロしてくれてます。

【関連】おすすめヨガマット3種類、レビューしてみます。

新居が、今より部屋数は増えるのですが(主人の仕事部屋と寝室を分けたかった為)少々使いにくい間取りになる為、手放すことを決意してくれたようです。

間取りは1LDKから2LDKになります。今までは寝室に主人の仕事用デスクを置いていたため、私が寝ているときもパソコンで仕事をする、という時が時々ありました。ノマドワーカーのような働き方なので、カフェなどで仕事をしていたときもあるのですが、デスクトップの大きな画面で自分の家でやるのが一番捗るようで、最近は自宅で仕事をしています。

そして、私にとっては睡眠は健康管理としてかなり重要な位置にあります。なので、寝るときはできればパソコンのない静かな部屋で寝たい、と思い仕事部屋を増やすことにしました。といっても、今より家賃は安くなるのでやっぱり郊外とはいえ東京は高いですね。その分便利なこともたくさんありましたが。

引越し断捨離で手放した一番大きなもの。


そして、結婚して今の家に引っ越して来る際、主人はある大きなものを手放しました。長年ずっと手放せず、手放そうと努力してもなかなか手放せなかったもの。それは…

タバコ、喫煙という習慣。

煙草をずっと吸っていた主人。そのせいで、前に一人ですんでいたマンションは新築だったのに、タバコのヤニで壁もサーキュレーターも網戸もひどい有様でした。引っ越す時にそれを見て、新居では吸うまい!と決意してくれたよう。

それから、2年。あれから一度もタバコは吸っていません。これは私もずっとやめてほしかったことなので本当に嬉しいことでした。あれほど「やめてー」といっても辞められなかったのに、引っ越しというタイミングでスッキリやめることができたのはすごいことです。

呼吸法も禁煙には効果がある、と知り合いの元喫煙ヨギーが言ってました。彼はヨガで禁煙に成功したそうです。深い呼吸が自然にできるようになると、タバコが必要なくなるんだとか。確かに、喫煙者にとってはタバコも一つのリラックスなので、やみくもに「やめなさい!」と言うだけでは逆効果かもしれないですね。


最後に。


引越しは何かといろいろ大変ですが、自分の持ち物、習慣、仕事…などを見直すにはとても良い機会です。私も今回の引越しで手放したものが色々ありますが、ブログのように続けていられることがあることにも感謝です。そして、新しく始めてみようと思うこともあるのでこれもまたひとつのタイミングなのでしょうね。

今日も最後までありがとうございました:)


Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。

Instagram