⭐︎

Sponsored Link

2015-06-26

ニトリのカーテンが思った以上に良かった話。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
今回の引っ越しで、断捨離した家具がこちら、だいぶ減ってスッキリしました。

そして新たに買い換える必要があったのが、カーテンです。

カーテン 白 オーダー
※この写真のカーテンは以前作ったもの。


カーテンを買い換える。


旧居で使っていたカーテンが既製サイズではなく、オーダーで作ったものだったので、新居のサイズに合わなかったのです。

幸い、一つだけサイズが合うものがあったので(上の写真のもの)、それに合わせて新しいものを買うことに。できれば同じ部屋は同じ生地で揃えたいと思い、以前オーダーで作ったインテリアショップに同じ生地のものを探しにいきました。(新婚だったことと、まさかそんなすぐに引っ越すとも思わず、カーテンに少しお金をかけました。)

そしてそのお店に行ってみると、なんとその生地が販売終了と…。

ないなら仕方ないと諦め、同じような白っぽい生地で揃えようということにしました。そうなったら、もうこのインテリアショップでお高いものを買わなくてもいいや、と変な割り切りもでき、帰り際にあった、おねだん以上ニトリへ寄ってみることに。

そしたら、なんと同じ生地のものがニトリにあった…!しかも、特別ご奉仕価格になっている!さすが、お値段以上ニトリ。

こちらがニトリのもの。

ニトリ カーテン おすすめ

一番上の写真が某インテリアショップで作ったもの。生地は全く同じなのですが、(写真では違って見えますが、同じです。)ヒダが違うのが、わかりますか?その違いだけです。(その違いが値段の違いでもあるし、見た目の違いでもありますが…)


カーテンは安くても目隠し機能があれば十分。


目隠しというカーテンの機能があれば、ヒダなんてもうどうでもいいです。同じ生地であっただけでもありがたいのに、かなりお安く手に入り大満足。せっかく、オーダーで作っても、引っ越してサイズが合わないと無駄になってしまうとわかり、もう、カーテンはお安くても十分。

無地を選んでおけば、そこまで失敗はないと思います。柄は、センスがないと大変なことに…。(過去にとてもうるさい柄物のカーテンを買ってしまい散々な部屋にしてしまったことがある。)

引っ越さない、と思っていても人生はほんとに何があるかわかりません。私も、東京にしばらく住むものだと思ってました。

そう思うと、全ての家具に対してそう言えるのですが…。まだ全てのこだわりを捨てるところまでもいけず、家で過ごすのも好きな私。できるだけ少なく、小さく、心地よく暮らすところを目指していきたいと思います。

その中で、カーテンにはこだわらなくていい、と思った出来事でした。ひとつこだわりが消えスッキリです:)

私は一応実物を見て決めたかったのですが、もっとこだわらなければ、こんなのも。


Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。

Instagram