⭐︎

Sponsored Link

2015-07-12

ワンレンボブからのヘアアレンジ、編み込みポニーテールが何かと便利。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
夏の髪型もポニーテールで定番化、という記事を書いたのですが、今日そのポニーテールからもう一つアレンジしてみます。肩上のワンレンボブの長さから可能なスタイルです。

編み込み ポニーテール


編み込みを覚えると何かと便利。


ゴムで結わえるまでのところを編み込みにするだけです。その編み込みが難しい、と言われるのですが、ちょっと覚えてマスターすると編み込みは何かと便利な髪型です。

上の写真のは適当にやっただけなので毛先などが乱れてますが、毛先も梳かしてまとめると、「ちゃんと髪の毛やった感」がでます。

コテがあれば簡単に軽く巻いて、編み込みを丁寧に作り、トップに少し膨らみを与え、毛先も少しふわっとする。ここまでやると、結婚式やパーティのアップスタイルにも使えます。浴衣や着物の時にも髪がすっきりしていて私は好きです。

実は覚えると、とても簡単なので楽なヘアスタイル。時々「美容室でやってもらった?」と聞かれることも。

私の髪質だと、ふんわりさせると疲れた女感が半端ないのでできませんが、ふんわりさせてあげると今時な雰囲気に。

早朝ヨガに通っていた時も、シャバアーサナの時に一度髪をほどいてしまうのですが、あとで編み込みのポニーテールにすれば、職場でもまさか朝にヨガしてきたとは思われない。支障なかったです。

▶︎【ヨガ】ミニマムな休息法、シャバアーサナのススメ。

思い込みを外せば、意外に簡単な編み込み。


編み込みのやり方は、たくさん動画があるので、探してみてください。基本は、「三つ編みに髪を足していく」なのですが、結構適当に編んでもなんとなくできちゃいます。私も後ろ側は、手の感覚の想像だけでやるので、よくよく見ると三つ編みの編み込みじゃなかったりもしますが、細かいところは気にしない。笑。


コツというコツではないですが、水で濡れていたほうが編みやすいです。さらさらすぎると編みにくいこともあるので、ワックス(ワセリン)を利用したり。

そして、これも「編み込みは複雑で難しそう」という思い込みが結構あります。

ちなみに私はこの後ろの編み込みしかできないので、編み込みはこの髪型だけです。サイドなどはやってみたけど、上手くいきませんでした。器用な人は前髪やサイドなどにも編み込み上手にしていますね。

私も「難しそう」と思っていましたが、やってみて数回練習するとできたのでそれから愛用しています。アレンジはあまりできない方ですが、私の夏の定番ヘアスタイルの一つです。

シンプルライフ、ミニマリストさんの美容健康に関するトラコミュ、管理人をしています。
こちらも参考になる記事が集まっています。

▶︎ シンプル・ミニマムライフの美容と健康



Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。