⭐︎

Sponsored Link

2015-07-11

コンパクトな新古車を買いました。車を持たない暮らしからシフトチェンジ。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
東京では、車は持たない暮らしでした。でも、こちらに引っ越してきてから、車を持つ暮らしへシフトしました。

持たない暮らし 車

東京では必要なかった車。


東京での夫婦二人暮らしでは、郊外でも車は必要ありませんでした。使いやすいスーパーはすぐ近くにありましたし、大きな買い物をする時はネットで十分。カーシェアを利用していたので、温泉など遠出をするときにはそれを利用。電車などの交通の便が良く、しかもものすごく頻繁に来るので、たいていは電車で十分。

車で都心にいくなんて駐車料金が恐ろしすぎますし、なにより、慣れない道を運転するのも怖い。車を持っている友人もいましたが、そこまで活用しきれていないと言ってました。

子供がいたり、必要な理由があれば、もちろん東京でも必要かと思いますが、私たち夫婦には要りませんでした。

車を持つ暮らしに変わりました。


ところが、実家の近くに引っ越してきて、車が必要になりました。しばらくない生活をしてみたのですが、実家が少し不便なところにあり、私の家から実家までがバスも通っておらず、結構な坂の上にあるので、自転車でも徒歩でも大変。

「多分、あそこに実家がある限りは車があったほうが、私たちの生活がスムーズだよね。実家に通うことが億劫になっては今の生活も続けにくい」ということで、車の購入を決定。(今は、週4くらいで晩御飯を作っていって実家で食べるというスタイルです。)新居に駐車場がついていたというのも大きなポイント。

大きな買い物になるので、本当に必要かどうかよくよく考えたのですが、今の暮らしには必要でした。実家通いがかなり楽になったので、買ってよかった。必要なものって人それぞれによって違います。自分にとって何が必要か、必要でないのかを見極めることが改めて大切だな、と。

新古車を買いました。


そして、買った車。私が運転すること自体が久々なので、できるだけ小さく運転しやすいものを。主人はどうせ乗るならと欲しい車もあったようですが、ここは私の意見を優先にしてくれました。感謝です。

新車にするのか、中古車にするのか、なども色々考えたのですが、新車と中古の間の新古車を買いました。新古車とは、「新車登録をしただけの登録済み未使用車」だそうで、私たちが購入したものは、ディーラーで試乗車として使われていたものだそう。車に全く興味がないので、こういうものがあることさえ恥ずかしながら知りませんでした。

新古車のメリットは、走行距離がほとんどなく、ほぼ新車なのに、4割引きほどで買えたこと。これはかなり、購入のポイントになりました。修理などが必要になった際にディーラー保証を受けられること。そして、ここは主人の交渉でがんばってもらい、カーナビもつけてもらいました。


車を持って気をつけたいこと2つ。

最後に、車を持って気をつけたいことそ2つ。まずは、車に乗るからには「安全運転」は基本。「注意力や判断力」は今以上に持ち合わせるように。それから、車があると、買い物がやはり楽になるのですが、楽だからといって買いすぎないように。この2つは十分に気をつけたいところです。

また、暮らしが変われば、必要なくなるかもしれません。暮らしに柔軟に持ち物も選んでいきたいな、と。

今日も最後までありがとうございました:)


Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。