⭐︎

Sponsored Link

2015-07-07

【断捨離】手作りアクセサリーという趣味を手放した話。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
以前、ひとつの趣味を手放した話を書きましたが、今日はもう一つ、趣味を手放した話を。それがこちらの趣味。

アクセサリー作り 趣味 断捨離



アクサセリー作りという趣味。


洋服よりもアクセサリーが好き、といくつかの記事で書いていたのですが、好きなあまり、自分で作ることも好きでした。

新しいアクサセリーが欲しいな、と思ってもあまりに高くて買えない、だったら似たようなものを自分で作ってみる?とそこから始めたのですが、作るのが楽しくてはまった時期があります。

ビーズやパーツ、工具類、小さいものとはいえ、細々とたくさん道具を持っていました。そして貴和製作所などのパーツ屋さんはもう、わくわくしてしかたなく、必要以上にいろんなパーツを買ってしまうのです。(彫金にも手を出しそうになってしまいましたが、そこは手を出さずに良かったです。)


ケイバ(KEIBA) プロホビー 丸ペンチ 先細タイプ

こんな道具とか…。

手作りして売る、人にプレゼントするのをやめた。


そして、作ることにはまってしまうと、自分が身につける以上に作りたくなってしまう。もう出来上がりがどうとかでなくって、作ること自体が楽しいのですね。

するとたくさん出来てしまうので、これを手作り販売サイトなどで売る、というのも一つです。私もやってみたことがあっていくつかは売れたこともあるのですが、販売の作業が面倒になってしまい、辞めました。

そして今は、そういうサイトには本当プロ並みに上手な人がたくさんいますよね。

そうなってくると、作ったものを友人などにプレゼントしてしまうのですが、手作りのアクセサリーは相当趣味が合うものか、完成度の高いものでないとつける機会は本当にないですよね。そして、なかなか処分しにくいですよね。本当にごめんなさい。

物を減らす生活になってから、手作りのプレゼントは本当に難しいと実感。なので、それに気づいてからは贈るのも辞め、リクエストされれば作る、ということにしていました。

ですが、アクセサリーも今持っているもので十分、新しいものが欲しいとあまり思わなくなったので、作る必要ももうないかと。

▶︎ 【ワードローブ】シンプルなピアスをひとつ定番化。


ものづくりという趣味で得ていたもの。


まだいくつかのものづくりの趣味を持っています。アクリルたわしを編むこと、消しゴムハンコを彫ること。

アクリルたわしは編む過程が瞑想的で好きなのと、出来上がるものが私には実用的なので、まだ続けると思います。

▶︎ 【編み物瞑想】アクリルたわしと活用法。

消しゴムハンコは…これも一時はまっていて、彫ることが楽しくてやたら彫っていた時期もあります。これも作る過程が好きな趣味。ですが、むやみやたらに作っても仕方ないですし、それ程出来栄えが良いわけでもないので、手紙に使えるものをいくつか残してあとは手放します。

はまってる時に彫った、実家の猫。これは気に入ったので残してあります。

消しゴムハンコ 猫


つまり、私はものづくりの趣味で、作る過程が好きだった。その上なにか物ができるのだから一石二鳥、くらいに思っていた。作る過程で得られる瞑想的な状態が好きなら、単に瞑想したりヨガしたり、散歩したりで十分だと気付きました。

▶︎ お金を使わない休日の過ごし方、歩く瞑想をやってみた。 

あと、作るなら自分が実用的に使うものだけにする。

趣味でいろいろ作るのは一旦やめるけど、必要なものを、その都度作れる能力というのは備えていたいですね。あと、子供がいたら、やっぱり色々と手作りしてあげたいな、一緒に作ってみたいなとも思います。

やらなくなった趣味で、それに必要だった物だけが残っている場合、一度、自分にとってその趣味はまた再開するのか、本当に必要なことなのかどうかを見直してみるのも一つかな、と。


Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。

Instagram