⭐︎

Sponsored Link

2015-08-03

【ワードローブ・アウトドア編】パタゴニアのビキニ(水着)とサーフィンに興味が湧いた映画。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
おはようございます。
先日、休日のプチデジタルデトックスとして、海水浴をした記事を書きました。
▶︎ 海水浴と休日のプチデジタルデトックス。

今日はその海水浴やプール、水遊びに使っている水着をご紹介します。昨日も使っていました!


※ショーツは写真から省いています。

Patagonia(パタゴニア)のスイムウェア


数年前にパタゴニアで柄と形と色に一目惚れして購入しました。以前はホルターネックタイプで後ろを紐で結ぶタイプの水着を使っていましたが、どうもホルターネックが苦手で首や肩が凝ってしまう。そして、私のように胸が小さいと、調整が効かないタイプはすぐにずり落ちてしまいます。笑。

パタゴニアのこれは、同じく後ろで紐を結ぶタイプなのですが、クロスバックで後ろで紐を調節できます。なので、胸が小さくても調整して結んでおくとしっかりホールドされています。元々サーフィンをする女性のことを考えて作られているのでそのあたりは安心。

そして、ナイロンもとてもしっかりしていて丈夫。さすがはアウトドアブランドのもの。柄違いですが、同じ形のもの。


無地のタイプもあります。モデルさんが着用した感じはこちら。
▶︎ (パタゴニア)patagonia W's Solid Kupala Top 77186  BLK S

そして、浜辺にいるときはサーフパンツをビキニの上から履いています。耐久性撥水加工が施してあるため、そのまま水の中にも入れます。そして濡れてもとても軽く、乾きも早い。そのまま水に入っても浜辺で寝ている間にカラカラに乾きます。

同じものがなかったのですが、だいたい同じものがこちら。行くときは水着もこれも履いて、上にTシャツを着てそのまま行きます。


▶︎ アウトドアウェアのパタゴニア - Patagonia(公式サイト)

ちなみに主人のサーフパンツもメンズのパタゴニアなので、軽くペアルックですね。笑。

そして、足元は、ビーサンで。

▶︎ 【夏のワードローブ靴編】ハワイアナスのビーチサンダル。

サーフィンに興味がでた映画


ちなみに私は、泳ぐばかりでサーフィンはワンシーズンしかやったことがありません。この映画をみてサーフィンすごくやりたくなり、ヨガとサーフィンをする友達に連れていってもらいました。

映像もすごくいいですし(波に乗っているような感覚になる!)、サーフィンも一つの生き方なんだな、と感じた映画。精神的な部分などヨガと繋がるところを感じました。この映画の中でもビキニでサーフィンする女性が出てきてかっこいいです。


ヨガをするとバランス感覚がよくなるので、はじめての割には立てたり少し波に乗れたりととても楽しめました!でも私は、はまるまでにはいかず、ワンシーズンで終了。ヨガで十分かな、と。笑。

サーフィンは、はまるまでには行きませんでしたが海や自然で遊ぶこと、ヨガでは「一体感」とかよく言われますが、これは海の上でぷかーんと浮いていたり浜辺でシャバアーサナするだけでも感じられます。

これが味わいたくて、時々自然の中で遊ぶことはやっぱり好きです。父には「いい年してまだ泳ぎにいくんか」と言われましたが…。笑。

そして私は、水泳は小学生の頃に習い事でしていただけですが、結構泳ぐのは好きで得意です。形にこだわらなければ割と長い間水のなかでゆらゆら泳いで(浮いて?)いることができます。

いい年してますが、夏しかできないことを楽しみたいと思います。
今日も最後までありがとうございました:)


Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。

Instagram