⭐︎

Sponsored Link

2015-08-25

好きなことを仕事にすること、受験も就活も失敗したけれど。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
先日、シンプルライフ系ブロガー交流会というものに参加しました。

▶︎ シンプルライフ系ブロガー交流会のまとめと改めましての自己紹介。

その時にメグさんと事前に少しメールで色々お話させてもらいました。直接会ったわけではないのに、ついつい自分のことを話してしまい、色々思い出すきっかけに。(メグさん、たくさん聞いてくださりありがとうございます…)

そこで思い出した自分の今までの自分の仕事について。




私は今の仕事につくまでに受験も失敗、就活も失敗、転職も何度かしています。「続かない、やりがいが見つからない」と、それが悩みになっていた時期もありました。

今の仕事はようやく、本当に自分がやりたいと思えること、好きなことでずっと続いていますし、これからもできる限り続けていきたいと思う仕事です。まさか、学生の時は自分が今の仕事につくなんて思ってもみませんでした。

楽しむこと・心地よさを見つけること。


大学受験も就活も失敗し、「本当にやりたいと思っていたことではなく、その次に興味があること」で歩んできた気がします。第1志望の大学と学科に落ちて、第2志望のまあまあ興味あるかな?と思える学科に入学。

第1志望の職種や会社に全滅して、これだったらまだ興味があるかな?と思える会社に就職。

ですが、その「まあまあ」だと思っていた学科も入ってみれば楽しく、その時学んでいたことが今の仕事にものすごく繋がっています。友達もできました。今でも繋がりがある友人は大学時代に出会った友人が多いです。(価値観がよく合うのはこの頃に知り合った友人です。遠距離恋愛友達や、ブログを見つけてくれた友人もそう。)

そして仕事も、入ったからには「楽しむ・心地良さをつくる」ことを意識するようになってから、少し変わってきました。(ちょうどこの時期にヨガを真剣に学びだしたこともありますが。)それは、その時出会った先輩から教わったこと。見た目も中身も怖く苦手な先輩でしたが、お昼が一緒になった時に屋上で話してくれました。

「人生の中で仕事の時間が一番長い、だったらまずは自分が楽しんで心地よくすること。」と。

それを意識していたら、いろいろ遠回りしたようにも思いますが、心から大好きだと思える仕事に就くことができました。 

そう思って過去の仕事や職場を振り返ると無駄なことはなかったし、むしろその時の経験があるから今があると感謝できるように。あの時のひどい上司がいなかったら今の私はないかもしれません。

そしてもう一人。その時に出会っている同期からも教えてもらったこと。

▶︎ 【ヨガ哲学アステーヤ】小さな嫉妬を消して、私にやってきた富とは?


やりたいことがない・わからない・できない時は。


自分が本当にやりたいことがわかっていて、それに向かって努力することは素晴らしいこと。ですが、やりたいことがわからない、できない、そんな場合は、自分が今与えられているものを生かして楽しむ、心地よさを作るようにしてみると、そこからきっと良い方に点は繋がっていくのではないか、と思います。無駄なように見えたことが、そうではなかったと。

そして、「好きなことを仕事にすべきではない」という意見もあります。もちろん、好きなことだからこそ、悩んだこともあります。安定しないし、お金にならないと心配されたことも…。

収入も会社員の時より減りましたが、お金の使い方もシンプル・ミニマムになり、その時よりも貯蓄はできるようになりました。

そしてやっぱり、好きなことを仕事にすれば、それ以上に毎日は楽しいし、幸せです。

引っ越しで一旦仕事を手放しました。今は依頼があれば仕事をするという感じで、本格的に復帰するのは来月から。休職中も支えてくれている主人には本当に感謝です。

そして、今後は、仕事と家庭のちょうどいいバランスを探しながら復帰したいと思っています。ブログを書いていて、わかったこと。仕事も好きなのですが、私は家の仕事もやっぱり好きなのです。そしてブログを書いているのも好きなのです。

「好きなことを仕事にする」についてはkeiさんも書かれています。海外で生活されるkeiさんの暮らしはとても興味深く読ませて頂いてますが、海外で仕事をする、ってそれだけで私からしたらとてもカッコよく、羨望の眼差しです。

▶︎ 好きなことを仕事にする、について。 - ここちよく流れる

受験も就活も失敗したけれど、今十分幸せです。今好きなことを仕事にしている方のお話も聞いてみたいです。好きなことじゃなかったけど、好きになった、という方のお話も。


Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。