⭐︎

Sponsored Link

2015-09-03

カメラを持って自分の小さな頃の記憶に会いに行く。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
主人がある日「俺もミニマリストになる」と言って、どういうこと?と思っていたら、カメラを買い換えただけでした。(笑)でも、大きなものから小さなものへ。機材も少なくなり、かなりコンパクトになりました。


※いや、少しフォローすればそれだけでなく、自分の持ち物を整理し手放し始めたのでいい方向!部屋も片付いてきています!

主人は写真が好きなのですが(仕事でも使うことがある)、大きなカメラは持ち運びが大変で、最近はあまり撮る機会もなくなっていました。もったいないなーと思っていたので、これは私も嬉しい判断。

カメラの試し撮りをかねて、散歩に出かけることに。

コスモス 

なので、今日のアイキャッチ画像は主人が試しに撮った1枚です。


散歩に出かけた場所


 実家は1度引っ越していますが、幼い頃を過ごした場所もわりとその近くです。今私が住んでいるところからも近いのに、なんとなくずっと避けていた場所でもありました。(これは後で思い出したのですが)

ですが、もう何十年も経っているし、そんなこともすっかり忘れていたので、ちょっと懐かしい場所を行ってみようと、幼い頃過ごした場所へ。

変わっていたり、変わっていなかったり。主人のカメラを借りてちょっと撮影させてもらって、ファインダー越しに変わっていない風景をみると一気に当時のことがフラッシュバックしてきました。

当時の記憶が今がチャンスとばかりに蘇ってきます。

楽しかったことを思い出し、懐かしいな〜と最初は嬉しかったのですが、途中から辛かったことも思い出し、なんだかよくわからず涙がぽろぽろと。

消してしまっていた、当時は一生懸命悩んでいて辛かった小さな頃の自分の姿。

「お姉ちゃんなんだから我慢しなきゃいけない」という言葉もふと現れました。「辛かったんだよね」と今ようやく自分で小さい頃の自分に声をかけてあげられて、少しすっきりした気がします。

思いがけず、自分の小さな頃の記憶に出会えたカメラ散歩。ちょっとの距離を歩いただけなのに、たくさんたくさん歩いたような疲労感。

でも、心地いい疲労感でした。今度はスッキリした気持ちで同じ場所を歩けそうです。

今日もありがとうございます:)


Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。

Instagram