⭐︎

Sponsored Link

2015-10-21

ミニマリストを知らない旅するミニマリストが我が家にやってきた。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
主人の友人はちょっと変わった人が多くて面白いのですが(そうなると主人も十分変わり者なのかもしれないのですが)、先日の来客は“車で旅しながら生活するミニマリスト”でした。

「ハワイに3年住んでて、日本に帰ってきてから関東に2年住んで仕事をしていたが、辞めて、今は車で旅しながら生活していて北海道から南下中。今は兄弟の家に居候らしい。で、兄弟の家がうちの近くらしいから明日くる」

ってなったわけです。

そしてやってきました、ワゴン車で。いえば、彼の家ごとやってくるわけです。興味深々です。



ミニマリストを知らないミニマリスト。


「家に住んでいた時も次はいつどこにいくかわからないから、炊飯器とか家具とか持たなかったし、あまり持ちたくないよね」
「本当はこういう食器とかも好きなんだけど持てないから写真にとっとく」
「ハワイはなんてったって服がいらないからいいよ!」

などなど、どんどんミニマリスト発言が出てきて面白い。

そういう話をずっと聞いていて、「ミニマリストですね」と私がいうと
「さっきからちょっと気になってたけどそのミニ…マル…なんとかって何?!最低人間?俺ちっさい人って意味?!バカにしてる?!」と。

今話題のミニマリストの話をすると「へえ〜、なんかカッコイイ名前つけてもろてるな」というだけで、自分がミニマリストだとかそうでないとか、そもそもミニマリストという言葉自体にもそんなに興味はなさそうでした。

ミニマリストという言葉も知らないミニマリスト。
そんな彼から見た我が家は「すっきり片付いた家」でした。

彼の生活の基本はキャンプ生活なので、テントや寝袋、自炊用品、自分の持ち物は全てワゴン車の中に。

「整理整頓はしてないけど、だいたいどこに何があるかはわかる」

カヌーを持っていることに私が突っ込むと、一人でキャンプしてると、やることなくて暇になるから、その暮らしを楽しむ為に自転車やカヌーがあるんだとか。

キャンプ生活は夜寝れないと本当に辛いから昼間にしっかり体を動かすためにも自転車やカヌーは有効なんだそう。山を登ったりもするし、やることないからヨガもやるよ、と言われました(笑)

ずっと、過ごしやすい所を移動しているそうです。なので夏は北海道、そして涼しくなってきたら南にむかって、九州、沖縄と拠点を変えていくそうです。北海道は熊がやっぱり怖いからキャンプ場を利用すると言ってました。無料のキャンプ場も多いそうです。

本州だったら、水辺でテントが張れるとこならどこでも大丈夫、と。お風呂は温泉や銭湯を利用して、洗濯は街に下りた時にコインランドリーでする、とのこと。


とても行動が身軽。


私がハワイから帰ってきたばかりだったので、ハワイの写真や話を聞いているなかでハンモックの写真がありました。私がハンモックいいな、と反応すると…。

「いいよ〜ハンモック。じゃあ今からハンモックしに行く?こないだこの辺でちょうどいいとこあったから」と5分もしないうちに車で出かけて、ハンモックを準備してくれました。行動が身軽で早い…!ハンモックも車に積んであります。これもキャンプを楽しむ為には最高なもの。


私もハンモック大好きで、ハンモックがある所によく行くのですが、本当に気持ちいいです。欲しくなってしまいました。ハンモック選びも色々アドバイスを頂いたので、そのうちうちの車にも積んであるかもしれません。

▶︎ ハンモック

そしてその横で彼が読んでいた本が「孤高の人」本当に天然。そして外で本を読むって何気に最高。


彼が選んでいるもの、捨ててきたもの。


車でキャンプ生活するいい点は「忘れ物がないこと」だそう。確かにそうですね(笑)すべて揃ってる。「でも、車ごと盗られたらすべて無くなる」それも確かに。(笑)

彼は最高に「自由」に見えるし、それを得る為にこの暮らしを選択しているように思えます。でもその自由を得る為には物以外の色んなものも捨ててきたんだろうな、と。彼が捨ててきた中のものには、私がまだまだ捨てきれない色んなことも感じました。

そして、色んな場所に移動して暮らす理由は「ずっと同じところの空気じゃなくて、その土地それぞれの空気感を感じたいから」だそう。一箇所に止まれないらしい。自由人で遊牧民。逆に今、兄弟の「家」に滞在していると逆に体調が悪くなってきたそう。外で暮らす方が自分には向いているのだとか。

一番上の写真は、ハンモックしながら見た夕日ですが、それを見ながら「夕日はどこで見てもやっぱり最高」と。端から見たら、刹那的でその日暮らしに見えるかもしれません。でも、彼はそういう感覚的なことを大切にしながら暮らしてるんだな、と感じました。

そして、こんな暮らしだからてっきり彼女はいないものと思い込んでしまったのですが、彼女はいるとのこと。同じような自由人ではなく、以前住んでいた土地に住んでいてお勤めされている方だとか。「彼女との将来はどうするんですか?」なんて質問は野暮すぎてできませんよね。

パソコンは持ってるから、ブログしたらいいのに、と思いましたが、そういうのにも興味なさそう(笑)1年くらいキャンプしたらまた働くのか、海外にいくのか。これからのことは誰にも彼自身もわからない、完全に今の一瞬一瞬で生きてる人。

物を減らすとか持たない暮らしとか、そういうのがミニマリストでなくって、そういう概念すらも持っていない人。面白い人でした。

▶︎ ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)

何が幸せなのか、ということは自分で決めるしかない。そういうことを彼の生き方からは感じます。人が用意してくれた幸せに乗っていくのではなく、ちゃんと自分で幸せに気づいていく生き方。

キャンプしてるとこに遊びにおいでよ、と行ってくれたのでまたお邪魔したいと思います。

追記:その後高知で会ってきました!

▶︎ 高知】思い出に残る風景に出会い、ストックしていく楽しみ。


Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。