⭐︎

Sponsored Link

2015-11-28

【サーキュレーターとストーブで】冬の暖房効率を上げる工夫、体を温める工夫。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
一気に寒くなりました。先週まで昼間はポカポカ陽気だったので、大きな気温差は堪えますね。我が家でもエアコン・ストーブが稼働し始めました。

と、同時にこちらも活躍しています。

サーキュレーター 冬

そう、夏場にフル回転していた、サーキュレーター。うちでは冬場も大活躍しています。

冬場も愛用サーキュレーター。


エアコンにしろストーブにしろ暖かい空気は上の方上の方へどんどん溜まっていきます。そうすると、頭は温まってぼーっとしてくるけど、足元がずっと寒い、ということに。

それを、サーキュレーターを使って空気を撹拌しています。実際に、サーキュレーターありの時となしの時では、部屋の暖まり方が全然違います。

実際パソコンに向かっている時なんかは、足元を暖めたいので、上の足元専用のストーブとサーキュレーターをつけます。

プラスマイナスの小さなコンパクトなストーブですが、足元だけならこれで十分。それにサーキュレータをまわすと、日当たりのいい小さな部屋だと部屋全体もポカポカとしてきます。


それでも寒い時はエアコンを入れてサーキュレーターを。エアコンの空気の乾燥が苦手なので、どうしてもエアコンは最終手段に…。

サーキュレーターは、天井の方にむけて回します。サーキュレーターもストーブもどちらもデザインがシンプルで気に入っているもの。ちなみにどちらも首振りしますよ。




デロンギのオイルヒーターを使っていた時もありますが、確かに空気もエアコンほど乾燥せずにポカポカと暖かく心地いいです。でも部屋全体が暖まるのには時間も電気代もかなりかかり、手放しました。



日当たりの良い小さな部屋を選ぶことも。


私が家を選ぶときに、一番意識したのが「日当たりの良さ」でした。これは、洗濯物の乾きやすさもそうですが、冬の天気がいい日はポカポカと太陽の日が差し込んでくると、本当に暖かくて幸せです。なので、寒がりの私にとっては日当たりの良さだけは譲れないポイントでした。(逆に美白命の友人は絶対に陽の当たらない部屋を選ぶそうです。)


ブログを書いている場所は、太陽が差し込んでくる場所なので、昼間はぽかぽかと暖かいです。あとは、小さな家であることも、部屋が暖まりやすくていいなと思いました。時々足湯ではなくて、足の裏を日光浴させていることもあります。

ここにサンキャッチャーも吊るしているのでキラキラと虹ができます。とても好きな場所。好きな場所で好きな本を読んだり、ブログを書いたり。

▶︎ サンキャッチャーで朝日を楽しむ暮らし。


サンキャッチャー


自分の体を動かして温めることも大切。


そして、これが結果的に一番体が暖まりますね。自分が座っている場所のすぐ前にヨガマットがだいたい常備されているので、冷えてきたな、と感じたら、マットの上で太陽礼拝を5回くらい。体の内側からポカポカと暖かくなってきます。じっと座っていると冷えてくるのでこまめにちょこちょこと動くことも大切。

▶︎【リビング公開】引越後の部屋の片付け、最初に作った私のくつろぎスペース

たとえば、座ったままでも椅子を使って、体をぐーっとねじって深呼吸するだけでもお腹を温めるのに効果ありますよ。

ついつい寒くて丸まってしまうこの季節。猫になりたい、との気持ちが高まるのですが、それは今のところ到底無理なので、色々とあったまる工夫をしてます。そして、うちの実家猫。誰もいない冬場の日中は、2階の一番日の当たる部屋で寝ていることも多い。どこが暖かいのか知ってるんですね。猫は自分の心地いいところ探す天才。見習いたいです。

▶︎ 猫のように心地いいところを探す、いつもと違う道も楽しむ。

寒くなりましたが、暖かくしてお過ごしくださいね。


Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。

Instagram