⭐︎

Sponsored Link

2015-12-13

【持たない暮らしをして良かったこと】夜の片付け習慣で朝の心地よさが変わる。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
新居に引っ越してから、私の中では物も減って、一つ良い習慣が身につきました。その習慣があるおかげで、朝の気持ち良さがだいぶ違っています。

リビング 夜 片付け

夜寝る前にテーブルの上を整えておく。


それは、夜寝る前にテーブルの上を片付けておく、という習慣。当たり前の人にとっては当たり前かもしれませんが、我が家の場合、結構読みかけの本だったり、寝る前に飲んだマグカップだったりがテーブルの上に置きっぱなし、ということがありました。

そして、一つ置きっ放しになっていると、それに引き寄せられるようにいろんな物があつまってきていたように思います。

朝起きると、テーブルの上がぐちゃぐちゃ、まずテーブルの上から片付ける、ということもありました。

それを、テーブルの上にあったものを元の位置に戻してから寝る、という習慣をつけてから、朝おきた後のスッキリ感とそれからの仕事の効率の良さが全然違います。

朝、片付いた部屋でコーヒーを淹れる数分は本当に気持ちいい。
▶︎ なんにもない雨の日の楽しみ方。

朝の幸福度を上げる工夫。


寝る前にすることはほんの数分。読みかけの本は本棚に戻す、コップが残っていれば洗ってしまう。ゴミがあれば捨てる。そのためにもある程度、持ち物の場所が決まっていると楽ですね。

私にとっては、片付けを楽にするには、収納を考えることよりも、物を減らすことが一番の方法でした。

そして、掃除は朝にかクイックルワイパーをかけるのですが、これも余裕があれば夜のうちにちょっとやっておくと翌朝が気持ち良い。ですが、「やらなきゃ、やらなければならない」となるとしんどくなるので、あくまで余裕がある時だけ。なので、まずはとりあえずテーブルの上だけ片付けます。

▶︎ 朝を変えたら人生が変わった話。

ちょっとのことなのですが、私の幸福度を上げてくれた習慣です。これも、私にとっては物を減らして良かったことの一つだな、と。

究極に物が少ないミニマリストになると、夜に片付けるものさえない、ということになりそうですね(笑)それはそれでいいな、と思います。うちの場合は、主人が寝るのが遅くなった場合、また散らかることもありますが、それもそれで、ま、いっか…。

▶︎ 持たない暮らしをしてみて良かったこと。
▶︎ 持たない暮らしは片付けや掃除が楽、急な来客時も慌てず対応できる
▶︎ 【断捨離】今までにやめたこと・捨てたものまとめ。

持たない暮らしをして良かったことは、こちらのトラコミュも参考になります。
▶︎ 持たない暮らし



Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。

Instagram