⭐︎

Sponsored Link

2016-02-15

家族の持ち物を片付けるときに気をつけていること。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
少しづつ主人も片付けに協力的になってきてくれています。仕事部屋は随分とスッキリしてきました。(以前に比べれば)

▶︎ 【断捨離】大きなラックとスノーボードを手放す

リビングは私と主人、共有の場所。いくらもっと片付けたい!と思っても、主人の使いやすさも尊重しなくてはなりません。お互いの過ごしやすさが大事な場所。


リビング 収納


家族との共有場所の片付け、収納。


そんなリビング、主人のものもたくさん置いてあります。そこで気になっていた場所がありました。

ここです。

夫のもの 片付け

財布、携帯、時計、メガネ、などなどいわゆる一時置き場的な場所。もともと、すぐに物をダイニングテーブルの上に置きっ放しにすることが多いので、せめてここに片付けてくれとお願いした場所。

ですが、しばらくすると、ここが氾濫してきます。

この中のものを勝手に捨てたりはできないので、とりあえず、場所を移動させてみることにしました。うちはリビングに一つ無印のスタッキングシェルフを使っています。その一つの引き出しを見直し、もう必要でないものを処分して、空いたところにこれらを収納。とりあえずはそのまま入れました。

一時置き場 収納


赤いのは…ももクログッズですね…。先日の記事にも出てきたペンライトも入ってます。これは多分大事なやつ。勝手に捨てはしないけど、明らかにいらなさそうなチラシや領収書などは「これ捨てて良い?」と聞いてから捨てました。

まだまだごちゃついてる感じがありますが、ひとまずスッキリしました。

そして、一番上の写真のような招き猫と文房具だけに。このシマウマのペン立ても主人が小学校の時に上野動物園に行って買ったんだとか。これも思い出のものなんですね。知らずに「なんでこんな古いの使ってるんやろ」と思ってたんですが。笑。その横の招き猫も、主人が独立した時に彼のおばあちゃんが送ってくれたもの。だからこれは大事なもの。

余分なものを片付けて、大事なものがより引き立つ空間になったと思います。

そして一時置き場。気をつけないとついつい物がたまってしまいますね。時々こまめに見直してみよう。



家族とのシンプル・ミニマムライフ


家族のものを片付けるときに気をつけることは、勝手に捨てない、自分の考えだけを押し付けない、家族との妥協点を見つけること。

うちは、主人が自宅で仕事をするため、ほぼ1日中家にいます。彼なりの家へのこだわりも強い。なかなか二人の妥協点が難しいときも、もちろんあります。

そんな時は、もう一度何のために片付けたいのか、自分の考えだけを押し付けていないかよくよく考えて、私が納得すること(諦める?)もありますし、主人が納得してくれる(諦める?)こともあります。

それで、今のところ我が家はバランスを取っています。ちょうど1年前のブログを始めた頃に書いた記事ですが、スタンスはあまり変わっていません。


ヨガやる人同士、物をあまり持ちたくないもの同士。同じ思考の持ち主との暮らしの方が随分と楽かもしれません。でも、全然違う相手との暮らしの中で気づくこともたくさんあり勉強になります。それでもやっぱり一緒にいるのは、似ている所もそれ以上にたくさんあるから。まあ、当たり前のことでしたね… 笑。


家族と片付けに関する記事。



Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。

Instagram