⭐︎

Sponsored Link

2016-03-09

願いを叶えることとリラックスすること。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
今日は魚座の新月です。新月の願い事という記事を昔書いていました。

▶︎ 新月の願い事、書くことは叶うこと。

もともとそんなにフォーマットに沿って書いていたわけではないのですが、最近はさらに書いた月もあれば書かなかった月もありと、もうほんとにズボラで飽き性なことを反省致します…。

今日はその「願いごと」について最近ちょっと思うことを。



願い事って叶ってる?


みなさんは願い事叶ってますか?

願い事を叶える方法については色々あると思うんですね。この新月の願い事もそうですし、七夕もですが、紙や手帳に書くというのも一つ。

何かで見たのですが、夜寝る前にイメージしたりして叶える方法もあるそうな。

ただ、私の場合なのですが、ぼーっとしてる時になんとなく「あ、こうなりそう。なるかも」とほんとに意識してないくらいのことが実現することが多い。

これは、良いことも、悪いことも。悪いことも叶ってしまったことあります。(結果的には悪い事ではなかったかもしれないけど)

猛烈に「こうなりたい!なってほしい!」と願って頑張ったことほど叶わない。(多分頑張り方もおかしかったんでしょうね)だから、新月の願いとして書いたことでも、猛烈に叶えたいと思って神様や仏様にまでお願いした願いは叶っていないのです。残念ながら。

でも「なんとなくこうなるかも」という思いは割と実現している。

例えば。

東京で暮らしていましたが、いつかは関西に戻るんだろうな、と思っていたらそうなった。戻ってきて、ちょっと東京が懐かしいな、あの人に会いたいな、なんて思っていたらまた関東に行く機会になった。

ぜんぜん大したことでなくて申し訳ないのですが…。笑 みなさんもそんなことないですか?

これが昔流行った引き寄せの法則(思った事が実現する方法みたいな)と言うのかどうかはわからないけど、もしそうだったら、使い方なかなか難しい。


リラックスすること。


新月の願い事として、やりたいこととかこうなってほしいなーと思うことは書いてみて、一つの自分の行きたい方向みたいなのは示すけど、あとは、できるだけ流れに任せてみるのが、私の場合はいいのかもしれない。

それって、ヨガのポーズでも同じようなことがあります。がむしゃらに頑張っていてもできなくて、力を抜いてリラックスしている時のほうができる。というか、リラックスして呼吸が深い状態じゃないとヨガのポーズはできない。

そう、力を抜いてリラックス。

多分、何をするにも大事なのがリラックスしていること。そこでまた「よし!リラックスできるように頑張ろう!」なんてことになると変なことになるんですけど…。

リラックスって、また言葉に表すのが難しいのですけど、温泉入ってビール飲んでぐでーんという感じでもないと思うんです。なんというか、余分な力は入っていないけど、いつでも最高のパフォーマンスができるような状態。

ごめんなさい、誰の言葉だったか忘れてしまったのですが、「うまいゴールキーパは試合中いつもリラックスしている」みたいな事を聞いて、これものすごく私の中でしっくりきたのです。

ゴールキーパーって私のイメージだと、ゴールを守らなければならないからいつも緊張状態にあるって思ってたんですが、最高にリラックスした状態にあるとゴールを狙われていてもボールが飛んでくるのがよく見えて、自分がどう動けばいいのかがすぐわかるそうです。

なるほどなーと。


まずは今の状態を知る。


昔の私は自分が緊張していることさえ気づいていないくらいに、常に緊張体制でした。ヨガをやってみて初めて自分の体も心も緊張している、って気づいた。今は、自分が緊張したりリラックスしたりする様子が少し観察できるようになった。

おそらく、リラックスしている時って瞑想状態なんだろうな、と。ぼーっとしているようで瞑想状態(リラックスした状態)になっていた。そういう時にふと思うことが、私の場合は叶っている。「予感」とかそういう感じなのかも。

頑張ることとリラックスすること。この二つのバランス。なかなか今の私にとっても奥深いテーマです。

さて、そういうわけで今月はぼーっとした状態で紙に書いてみようかな。そういう状態で書くことって自分でも何がでてくるのか楽しみ。

そのぼーっとするため(リラックスするため)に一番重要だと思うのは「深呼吸」です。少し呼吸を整えてから書いてみようと思います。

ヨガで願いが叶うというのは一理あると思います。それは、自分の思いと行動を一致させていくという「サティヤ=正直でいる」というヨガの教え。

これについてはまた今度書いてみます。
【追記】【ヨガ哲学サティヤ】自分の気持ちに正直に生きてみると。


過去の「呼吸」に関する話。




Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。

Instagram