⭐︎

Sponsored Link

2016-04-14

ムヒカさんのシンプルな幸福論、一旦止まってから見えてくるもの。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
先日、元ウルグアイ大統領、世界一貧しい大統領と呼ばれる、ホセ・ムヒカさんが来日していましたね。

特番も組まれていたそうですが、我が家では見れず…。後から少しニュースで見ました。(midさん教えてくれてありがとうございます!)


ムヒカ イラスト


ムヒカさんの笑った顔を見るだけで、とても温かい気持ちになったので絵に描いてみましたが、似てませんね。すみません。


その少し前の朝日新聞の記事。我が家は新聞を取っていないので、内容を知らなかったのですが、いつも通り実家に行くとまさかの父から「読んだ方がいい」と。

それがこちら。

▶︎ 世界一貧しい大統領と呼ばれた男 ムヒカさんの幸福論:朝日 ...


もう、激しく共感しかないです。特にここ。

“私が思う『貧しい人』とは、限りない欲を持ち、いくらあっても満足しない人のことだ。でも私は少しのモノで満足して生きている。質素なだけで、貧しくはない。生きることの奇跡だ。人は独りでは生きていけない。恋人や家族、友人と過ごす時間こそが、生きるということなんだ。人生で最大の懲罰が、孤独なんだよ”


単に物を減らすことだけがシンプル・ミニマルライフではなく、大事なことにその都度気づいていけるように。

私は、まだまだ消費社会の中にいるし、欲望も物欲もあるけれど、少しは立ち止まって、深呼吸する余裕があるように、そういう風に暮らしていきたい。

メグさんのこちらの記事も素晴らしいので是非。

▶︎ 貧乏な人は「満足しない人」。ムヒカ大統領のスピーチに感じた、ミニマリズムのすすめ。-ミニマリストは世界を変える!

まだ届いていないのですが、この絵本も買いました。またこれは後日。







Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。

Instagram