⭐︎

Sponsored Link

2016-04-01

【就職】フリーランスから正社員(サラリーマン)になりました。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
4月になりました。春ですね。桜ですね。フレッシュマンが溢れる季節です。

そうそう、3月から主人の働き方が少し変わったと以前書きました。

▶︎ 私のシンプルライフとは、変化を柔軟に受け入れていく生き方。

実は、うちの主人もこの春から、フレッシュマンに混じって、とある会社に就職することになりました。つまり、フリーランスをやめて正社員になったということになります。

2月の中旬に話が来てそのままトントンと話が進み、しばらく関東でお仕事を頑張っています。安心してください、まだ東京で消耗はしていないようです。


桜 写真

※この枝垂桜はこちらのスタバ横の六角堂のもの。今年も羅漢さんと枝垂桜が見事です。

夫がフリーランスって大変?


うちの主人は、割とずっと自由奔放に生きてきたような人で、大学も中退しています。

ですが、パソコンやインターネットの世界に関しては、小学生の頃から興味があった分野で、独学で勉強しながら資格なども取って、いろんな会社を転々としながらエンジニアをやっていました。

システムエンジニアの仕事に関して私は詳しくないですが、技術があればなんとかなるようで、大学中退という学歴でも仕事には困らず、結婚する3年くらい前に独立してフリーランスに。

今回も主人は30歳を超えてますが、それでも中途採用でいい条件で正社員になれたのはこの技術のおかげだと思います。ただやはり、どんどんシステムも新しくなっていくようで常に勉強はしています。でも好きなことなので、勉強も楽しそうですが。

結婚してからは、ずっと家で仕事をしているスタイル。パソコンがあれば、どこでも何とか仕事ができる状況だったので、昨年の母のことがあった時もすぐに決断して引っ越すことができました。

こちらに引っ越してきてからも、それなりに仕事はちょこちょことあったようです。

私にとって、お付き合いする際や結婚する際に、大学中退だとか、サラリーマンでないとか、お給料がいくらだとかは、全くどうでもいいことだったのですが、まわりは何かあれこれいろいろと心配してくれました。とにかく自営業の嫁は大変だと。

でも、今のところ食いっぱぐれたことはないですし、逆に大きな仕事が入ったりすると
「何か欲しいものある?」と聞いてくれる優しい主人です。残念ながら、私があまり物を欲しがらないので、外食旅行などで使わせてもらっています。

タバコもギャンブルもお酒も不倫もしない、いたって優良な主人。多少わがままなモノノフということくらい。本当そう思ったらモノノフであることなんて全然OKですね。

▶︎ 彼氏(旦那)がモノノフになったあなたを応援したい。

それでも世間の風は、「フリーランス」になんだか冷たいものなんですね。


夫、サラリーマンになる。


そんな、ずっとフリーでやってきた主人に今回1本の電話でお仕事が入ってきました。

最初はちょっと仕事を手伝って欲しい、というくらいの話だったのですが、どうやらお互いに話を進めていく中で割と長いスパンの仕事になるようで、正社員として働いて欲しい、という要望が向こうから出てきたようです。

かれこれ6年以上はフリーでやっていたこともあるので、さすがにそれは私も最初は断るんじゃないかな、と思っていたのですが、直接会って話を聞きに行ってきた主人の答えは、

「まあ、ちょっと面白そうやし、条件も思ったよりも良かったし、やってみよっかなと思う。個人で仕事していることも伝えて了承済み」とのことでした。

主人の尊敬するところの一つは、考え方がとてもシンプルなところ。

あれこれ過去のことや未来のことで悩まない。決断が早い。これは私とは全く真逆で、私は色々迷ってしまう。一歩踏み出せないこともある。やめたくてもダラダラと辞められないことも…。

というわけで、フリーランスの主人は、フリーランスをやめて正社員になりました。さてさてどうなることやら。

一応個人でやっている仕事も会社には伝えているそうなのですが、一旦はお休みしているようです。会社での仕事が落ち着いたらまたはじめるそう。

そして、このことを、主人の親たちはまるで、初めての就職が決まったかのようにものすごく喜んでいます。お義母さんに関しては「よくぞ今まで支えてくれてありがとう」なんて言われてしまったけど、いやいやこれからでしょう、と。(笑)

まだまだやっぱり「サラリーマン=安定」「フリーランス=不安定」という図式があって、今まではだいぶ不安だったようです。

当の本人たちは全然不安なんかなかったのですが…。


サラリーマンでもフリーランスでもどっちでもいい。


そして、主人自身も別にサラリーマンだとかフリーランスだとかには特にこだわっておらず、面白そうな話がやってきたからやってみようと思っただけなのだと思います。

一応、就業時間がちゃんと決まっているので、早寝早起きの習慣がついたのはとてもいいこと。おかげで私も平日は11時までには寝られるようになりました。これはとっても嬉しい効果。あとはフリーランスにはなかったボーナスや有給という制度もちょっと嬉しいですね。(笑)

サラリーマンとして消耗するのか、それをまたうまく使いこなすのか。この辺り、私もサラリーマンの妻として初めての経験、うまく支えていけたらと思います。

主人はミニマリストではなく、持ち物は私よりも多い人。でも考え方はいつもとてもシンプル。

さて、まだ1ヶ月しか経っていないので、これからどうなるのかわかりませんが、そういう主人の身軽な精神は、私は見習いたいところです。

ところで、サラリーマンといえばこの人を思い出したのですが、


50歳になっていたのは知りませんでした。笑

▶︎ サラリーマン金太郎 五十歳 3 (ヤングジャンプコミックス)

「仕事」にまつわる記事。

▶︎ 好きなことを仕事にすること、受験も就活も失敗したけれど。
▶︎ 台所仕事を楽にするコツ「考えない台所」を読んで。
▶︎ 『スノーピーク「好きなことだけ!」を仕事にする経営』を読んで


Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。