⭐︎

Sponsored Link

2016-04-03

ブログを公開する直前で文章が消えてしまい、思い出した赤塚不二夫先生の話。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
あぁ…。 

今日公開しようと思っていた記事を消してしまいました。

何かの操作をした直後、気付いたら、消えていました。

あれ?!と[Ctrl]+[z]ですぐに戻ってみたものの、なんだか全然違う文章が上書きされてしまい、もうどこかへ行ってしまいました。ショック…。

デリートボタン


あぁ、私には珍しく、割と長い文章で、思っていたことを色々と書いたんです。他に保存とか全くしていなかったので、もうどこにもありません。

そもそも文章なんて形のないものなのですが、それが跡形もなく消えてしまった真っ白なページを見て。

ああぁ。

まぁ、今回は「今まだこの文章を公開すべきではない」ということだったんだろうなと諦めました。

もう一度書こうかと思ったけど、今日はもうそんな気分でなく。結局そのまま、この文章を書いています。

上の絵は、その結果の落書きです。デリートボタン押したわけではないですけどね…。


文章の保存について。


そこで、ブログのバックアップや、データの保存について。皆さんはブログデータ(文章)の保管などされていますか?

いつも直接ブログの入力画面で書くのですが、ワードとかメモ帳で書いてから貼り付ける方が保存ができていいのかな。

私も時々バックアップを取っているだけで、文章に関しては何にもしてなかったので、ちょっと考えてみようかなぁ、とも思います。

ただ、消えたら消えたでしょうがない、という思いもあるのですが、やっぱり消えてしまった直後はショックでしたね。


赤塚不二夫先生の話。


これでちょっと思い出したことが、私とは全く、規模も内容も違う話ですが、バカボンの赤塚不二夫先生の話。確かちょっと前実家にいた時に、テレビで見た話。

締め切りギリギリで出来上がった漫画の原稿を担当の編集者が無くしてしまったという出来事があったそう。

赤塚先生は担当編集者を怒ることもなく、その後、その担当者を励ますために一緒に飲みに行き、その晩一気に書き上げて「2回目だから、前よりも良い作品ができた!」とその編集者に原稿を渡したという話を思い出しました。なんて器の広い心…。

消えてしまったけど、それでいいのだ!と、ちょっと励まされた気がします。笑。

また気が向いたら書きなおします。
今日はここまで。

Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。