⭐︎

Sponsored Link

2016-04-18

【防災】物を減らしてスペースを作る、家具を固定する。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
正直なところ、少し気持ちが緩んでいたこともあります。

東日本大震災から5年。

少し前に、関西でも夜中に震度3の地震があってびっくりして目覚めました。その次の日は風が強くて、窓を叩くような音で目が覚めました。珍しくこの二日間はあまりよく眠れず。

その後の大きな熊本の震災。

私が住むところに影響はありませんが、主人が出張中の今、一人でいるとやはり心細く不安になります。たまに帰ってきてくれているとは言え、まだしばらくは一人なのでもう一度改めて、見直すところ見直しました。


家具 固定 地震



大きな家具は転倒防止対策を。


我が家には一つ大きな棚があって、ここに、私の化粧品や本、文具、主人の私物などが片付けてあります。一応、天井で固定してはいますが、再度緩んでいないかチェックしました。

そして上の方に重いものや硬いものをなるべく置かないように。これも改めます。

上の方に飾っていた、絵。母が書いてくれた絵を数枚、額に入れて飾っていましたが、一つだけにして、1枚は常に見ることができる今日記をつけている手帳の中へ。




物をもう少し減らせることができないかどうかもこの期に見直してみます。できるだけスペースを作れるように。

物自体が減り、大きな家具がなくなれば、この対策は必要ありませんしね。

大きな家具が減るほど、二次的な被害は少なく済むはず。そして、実家にも、これを機にもう少し片づけを勧めてみようと思います。今のままだと、実家は大変なことになってしまう。

どこに住んでいても、いつ大きな地震が起こるかはわからない。自分が住んでいるところが絶対大丈夫だなんてことは言い切れないと、改めて思い出しました。

私が今できることの一つ、自分の暮らしをもう一度見直すこと。必要ないものはできるうちに処分すること。家の中をもので埋め尽くさないこと。


▶︎ 義援金に関して参考になった記事。
▶︎ 子供が産まれたからこそ、モノを減らしたい
▶︎ 【物との付き合い方】捨てられないから、買わない


Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。