⭐︎

Sponsored Link

2016-06-05

【揚げないトンカツ】豚こまを使うと手軽で節約、しかも柔らかくって美味しい!


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
我が家の晩ごはん、揚げない揚げ焼きシリーズがわりと検索でも好評なようです。

たまに検索ワードで「ヨガとシンプルライフ ナゲット」「ヨガとシンプルライフ 唐揚げ」なるものが入っていて、ピンポイントで検索してくれたことがちょっと嬉しい。笑。

油の処理って大変ですものね。それでもやっぱりたまには揚げ物が食べたくなる日もある。

これもヨガを始めてからのちょっとした変化ですが、大好きだった揚げ物をあまり欲しなくなったというのもあります。(一度コロッケ食べた次の日に激しく胃もたれして胃腸炎になったという嫌な記憶も相まって)

といっても男性は揚げ物好きですよね。

なので、どうしても食べたくなったら、うちではちょっと奮発して美味しいところへ食べにいくか。近所のお肉屋さんで揚げたてを買うか。家で無性に食べたくなった場合は揚げ焼きでなんとかします。

そんな我が家の揚げ焼きシリーズ第3弾は「とんかつ」です。


揚げないトンカツ 豚こま

揚げないトンカツは豚こまを使うと手軽で節約にも。


今まで、唐揚げ、ナゲットと揚げないシリーズで完成させてきましたが、さすがにとんかつは難しいだろうなと思って調べてみると、どうやら「豚こま」でやるのが簡単で美味しいらしい。

豚こまだったら、節約にもなりますし、うちでは割と冷蔵庫にある食材だったりするので便利です。トンカツをしようと思うとロース肉を買ったりしなきゃですしね。

豚こまをミルフィーユのように重ねてそれこそロース肉のようにしてやるやり方もあったのですが、私はお弁当用に一口サイズがいいなと思ったのでこちらのレシピを参考にさせて頂きました。

▶︎ 豚こまで節約 簡単やわらか 一口とんかつ by まどりんこ [クックパッド
▶︎ 【節約レシピ】豚こまカツ by あゆなな [クックパッド] 


とても大雑把な作り方メモ。

  1. 豚こまに塩こしょうを振る。
  2. 片栗粉とマヨネーズも混ぜる。(つなぎ)
  3. 一口サイズに成型して握る。
  4. パン粉をつけて、少量の油で弱火〜中火で揚げ焼き。

出来上がり。とても簡単。さらに今回は、フレッシュバジルがあまっていたので、成型する時に一緒に挟みました。

揚げないトンカツ、しかも豚こまですが、主人にも好評でした!次の日お弁当に入ると聞いて喜んでくれたほど。

私は普通のロースカツよりも好きかも。食べやすいし、とっても柔らかいんですよね。

そしてトンカツの付け合わせにはキャベツの千切りをたっぷりと。油っこいものを食べると胃もたれしますよね。それがキャベツに含まれるキャベジンという成分が緩和してくれるんだとか。食べ合わせ的に最高。

トンカツにキャベツが添えられる理由、ちゃんと理にかなっていたんですね。定番には理由がある。

キャベツの千切りはだいたい常備してあります。そういえば、ダイエット時の主人は、一番最初にキャベツの千切りをたっぷり食べてましたね。



お弁当用おかずにもオススメの豚こまかつ。


簡単すぎるので、お弁当用の常備菜として冷凍させておくのも良さそうですね。また時間があるときに作り置きしておこう。

そして次の日のお弁当にも使った豚こまカツ。キャベツの千切りは下に敷きました。そして間に酢レモンを挟んで。レモンが顔みたいになりましたね :)



これで、唐揚げ、ナゲット、トンカツと揚げないシリーズの完成です。

あとはコロッケかなあ。コロッケも何度かオーブンでやったり、揚げ焼きでやったりもしたのですが、やっぱりコロッケはお肉屋さんの揚げたてが美味しいなあ、なんて思ってしまいついつい買ってしまうのです。

あまり得意でない料理はいかに手順を少なく簡単にするか。私なりの料理を楽しむシンプルな方法。

作り方など手順が多すぎるものは、それだけで嫌になってしまう…

今までの「揚げないシリーズ」

Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。

Instagram