⭐︎

Sponsored Link

2016-06-27

鼻歌(ハミング)って実は呼吸法にもなって、健康にいい話【ブラーマリー呼吸法】


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
うちの横の道路を、ほぼ毎日朝晩。割と大きな声で歌いながらバイクでヴィーンっと走っていく人がいます。

毎日、何歌っているのか全然わからないけどその人が走るたびに、クスってなって勝手に「いってらっしゃい」「おかえり」って気持ちになる。

バイクだから周りには聞こえてないと思っているのかな?でも、本人はとても気持ちよさそう。多分、そこそこうまい方だと思う。


バイク 歌いながら


そして、朝晩なので、おそらく仕事に行く前と帰りだと思うんですよね。

なんだかそれってすごいことだなって思っちゃったんです。私が一番仕事がきつい頃「朝よ来てくれるな」って思って足取りめちゃくちゃ重かったから。

歌う余裕なんてないし、そんな気分にもなれない。

▶︎ 翌朝の美味しいパンという処方箋。

バイクの彼は朝からとても元気。全然知らない人だけど、その人が通るとちょっと嬉しくなって、こっちも元気になる。

それで思ったのが「やっぱり歌うっていいな」ってこと。私は歌うことが割と苦手な方なので、カラオケにはほぼいかない。(ほんとにたまーーに夫と行くくらい)。それでも鼻歌くらいはよく歌っているみたいなんですよね。時々夫に言われて初めて気づきます。

そう、ハミングって映画「インサイドヘッド」によると、頭の中の住人がぽちってスイッチ押した瞬間に流れるそうですよ。だから何でこの歌?!っていうの歌っている時ありますもんね。

▶︎ ハワイでカナシミがやってきて、心地よく泣いていた話 


ハミング(鼻歌)の効果。ブラーマリーの呼吸法


そして、ハミング、鼻歌って、実は体にもいい効果があります。

ヨガの呼吸法の中で、ブラーマリー呼吸法(蜂の羽音の呼吸法)というものがあります。これは、息を吸って吐く時に蜂の羽音のように「んーーーーーーー」と鼻から息を抜いていくように音を出しながら細く長く息を吐いていく方法。

この「んーーーーー」と息を吐いている時、体を観察してみると微妙に振動が伝わっているのを感じます。はじめてヨガ教室でこれをやったとき、この振動で体がとても緩んでリラックスするのを感じました。なんか気持ちいいな〜と。


音の癒しは、ティンシャやクリスタルボールなどをヨガのクラスなどでも使うことがありますが、それをとても簡単に自分の体と声でやってしまうのが「ブラーマリーの呼吸法」

そして普通に息を吐くよりも「んーーー」と音を出した方が長く息を吐くことができます。腹式呼吸が苦手な人もこれだとわかりやすいかな?

このブラーマリーの呼吸法とハミング(鼻歌)もとても近い効果があるのでは?と感じています。鼻歌を歌う時は自然に鼻呼吸になりますし、短いながらもこの振動は鼻歌にもありますね。

何より鼻歌を歌っていると、ちょっと気分がよくなったりしませんか?

私の場合、歌が下手なのでハミングもイラッとさせてしまうのかもしれないけれど、それでも一人でいるときはハミングでも歌って、ご機嫌でいたいものです。

最近私がよくハミングしているらしい曲はももクロの「ゴリラパンチ」…。

呼吸法が難しいなって感じる人は、ブラーマリーの呼吸をやってみるのもおすすめ。それよりももっと楽しくやりたいって人は、鼻歌なんかがちょうどいい:)

ちなみになんですが、私が好きなジュエリーのブランドの「hum」。この名前の意味も「ハミング」からきているそう。それもなんだかいいなって思ったんですよね。

▶︎ 【ワードローブ】シンプルなピアスをひとつ定番化

「呼吸法」にまつわる記事



Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。

Instagram