⭐︎

Sponsored Link

2016-07-11

【新しいものを買う前に】「出口」が見つからないものは買わない。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
ものを買う前に考えたいことシリーズ(?)です。

前回はこちら
▶︎ 【持たない暮らし】新しい収納棚を買う前に少し考えてみて欲しいこと。

今回考えてみたいことは、「買い替え」について。例えば、冷蔵庫だったり、掃除機だったりパソコンだったり。家電などは買い換えることが多いのかと思います。

壊れたから買い換えたい、新しいモデルが魅力的だから買い換えたい、もう古いからそろそろ買い換えたい。いろいろ買い換えたい理由もありますね。




新しいものを買った後、冷蔵庫やテレビは、買い換える際に電気屋さんが引き取ってくれることもあります。ということは、1イン1アウトで物は増えません。

問題は、引き取ってもらえないような小さなものだったり、まだ使えるものだったり。

新しい商品が届きます。今使っていたものが、もう壊れていたりして捨てるしかない場合は、捨てます。が、捨てるのも大変ですよね。大型ゴミにしなきゃいけなかったりで、申し込むのが面倒で後回しになっていることも。

さらにの問題は、「まだ使えるから捨てるのはもったいない」っていうパターン。


買い替えでものが増えて行く理由。


新しいものを買ったし、これはもう使わないけど捨てるのはもったいない。これが不用品をどんどん増やしてしまう原因。

収納スペースは、今は使っていないけど、いつか使うかもしれないもの、まだ使えるもの、そんなもので溢れてしまう。

そうやって、「いつか使う」なんてことはほとんどないのですよね。そして家の大切なスペースを不用品のために高い家賃を払っていることにもなる…。

新しいものを見かけて「いいな!欲しい」と思った時。今その代わりに家にあるものをどうするのか。

今ものを買う時は、小さなものでも、服でも、そこから考えるようにしています。

もう壊れていて使えないから捨てる、使い切る、リサイクルショップに持っていく、オークションで売る。

出口を見つけてから、手に入れるように。


出口を見つけるのは大変。


少し古くなってきて作業効率が落ちてきたので、私もMacを買い替えました。古いものを売って、新しいMacを買う資金にしました。

でも、その出口を探すのって実は結構な労力を使います。Macは出口が割とすぐに見つかったのですが、ソファやローテーブルを手放した時は本当に大変でした。まだ使えるものだったので売りましたが、梱包作業などは本当に大変。オークション等で売ることも慣れていないと簡単にできるものではありません。

そうでなく業者に引き取ってもらう場合などは、ほとんど金額がつかない、もしくはお金を払って処分することになりますね。


それでも出口が見つからないものは買わない。


これから買い物をする時は本当に気をつけようと思っていること。出口を見つけてから買うこと。

そしてもう一つ。買い換える時、それを買い換える必要があるのかもう一度考えてみること。買い換えてまで使いたいものなのか、なくてもいいんじゃないのか。

壊れたら、すぐ買い換えるよりも、ちょっとそれがない時間を体感してみる、っていうのもひとつ。案外なくてもなんとかなるものが多い。それでも本当にいるな、って思うなら買えばいい。自分にとって本当に何が必要なのか、ちゃんと見極める。

物に支配されたり、逆に物を閉じ込めて死蔵させてしまうことだったり。そういうのを手放していきたいな、と思っています。

何もかも買わないってのじゃない。「いらないものはいらない」「必要でないものは買わない」というだけの話。

「モノとの付き合い方」にまつわる記事。





Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。

Instagram