⭐︎

Sponsored Link

2016-09-23

happyを聴きながら泣いている。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
最近CMでまたこの曲をよく聞くようになった。



2年くらいまえのことを思い出して懐かしい、と思って聞いていたけど、思わず涙が流れた。

多分、この曲をよく聞いていた頃、なんとか自分をhappyに保とう!みたいな気持ちが強くって、そういう思いもあってその当時は好きだったんだと思うし、よく聞いていたのだと思う。

実際にMVはとても楽しそうで、子供からおじいさんまで、いろんな人が踊っている姿を見ていると微笑ましい。初めて見た時はなんて愉快なMVなんだ!と思い、当時はそれにとても励まされた。

でも、その裏でhappyじゃない自分をちゃんと受け入れていなかった。それが今は認められるし、わかるから、思わずCMから流れてきて、涙が出たんだと思う。

我慢していたものが解けたような気がした。

本当はその時も辛かった。でもそれを認めたくなくって、笑顔でhappyでいなきゃ!って思っていた。

まだまだ私は悲しみを受け入れられていないし、去年の秋もやっぱり良く泣いていたのだけど、今年もまたやっぱり良く泣いている。

▶︎ ハワイでカナシミがやってきて、心地よく泣いていた

でも、それでいいって思ってる。秋はそういう季節。大好きな夏が去ってしまい、ただでさえ悲しいのだから。

今もこの曲を聴きながら泣いている。あの時泣けなかった分、思いっきり泣いている。楽しい曲なのに、私にとっては泣くためのスイッチの曲になってしまった。

それでも、聞きたくない、とは今は思わない。

やっぱりこのMVは楽しいし、泣きながら、笑って見てる。

福島だったり石巻だったり、いろんなバージョンがあるんですね。

▶︎ Pharrell Williams - HAPPY (Fukushima, Japan)
▶︎ Pharrell Williams - HAPPY (Ishinomaki, Japan) 

でももしかしたら、同じ気持ちの人もいるのかもしれない、ってちょっと思った。


Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。