⭐︎

Sponsored Link

2016-10-05

流行は繰り返すけど、今年はとんがりフラット履くのか問題。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
先日掲載頂いたDomani。

▶︎ 「優しくなれる夜時間」Domani11月号に掲載されました。

「へえ!今年はこれが流行りなのね」と思いながら楽しく見ていました。その中で、ちょっと気になったのが「とんがりフラット」



なんと、フラットシューズ・バレエシューズの大定番ともいえるrepettoもとんがりフラットを発売したんだとか。








懐かしいポインテッドトゥシューズ。


このとんがりフラットですが、私が大学生のころ、下駄箱に入っているシューズはほぼこれでした。

このころは私もたくさん靴を持っていましたが、フラットなものも、ヒールがあるものも、先っちょがとんがった三角のポインテッドトゥ。

そして、ローライズジーンズのような浅履き、つまり指が見えるくらいのものが流行っていたような記憶。

当時私は「なんだかよく脱げるし、小指痛いし履きにくいけどな…」と思いつつ頑張って履いていましたね。その頃はラウンドトゥは全く履きませんでした。

私自身もかなりとんがっていた時代だったかと。視線も目つきも三角。三角三角。

なので、今この形の靴をみると、「痛かったけど、色々と頑張っていた」という思い出の方が先行してしまう。そして、流行ってはいるけど、とんがりフラットは、うーん、もう買わないだろうなあ…。

指先が痛いのを我慢してまで履けないし、自分の中では、今は丸いほうがやっぱり心地いい。(痛くないのももちろんあるんだろうけど、それに出会うまでの道のりも長い)

とんがっていた気持ちも、だいぶ丸くなったのもある。笑。もしも奇跡的に足にあって、良い出会いがあれば、買うのかもしれないけれど、欲しいとは今のところ思わない。

今この記事を書いていたら、当時持っていたシューズのあれこれが、走馬灯のように思い出されてきました。気に入っていたものは、デザインまでしっかり覚えているものもあります。

靴と一緒にその当時も思い出も。もうその物はないけど、きっかけさえあれば、思い出はちゃんと引き出されてきますね。


流行は繰り返すけど…


今年の春夏に流行っていた、Tシャツの上にキャミを重ねるというファッション。

あれも高校生から大学生くらいの頃に流行ってました。当時は私もやっていた記憶があるし、なんだか不思議な格好をしていた友人の記憶も引き出されてきた。

これももちろん、今はしなかったけど、流行は繰り返しますね。

そして注意しなきゃいけないのが、「流行は繰り返す」といっても、その当時のモノをまた使えるかっていうとそういうわけでもないと思う。微妙にデザインはその時代ごとにアップデートされていますよね…。

私が大学生の頃に愛用していたとんがりフラットが、今も持っていたとします。それを履いてみても、やっぱりなんだかしっくりこない、というのはあるんだろうなと。

キャミソールも同じ。大学生のころ、当時は頑張って買ったブランドもののキャミ。流行が終わり、着なくなった後もずっと手放せずに持っていました。さすがにそれも手放しましたが、それを今着ようとしても、何か違うんですよね、きっと。

▶︎ 【服の断捨離】改めて自分の気持ちと向き合う。

「またいつか流行がくるかも」と思って、とってある靴や服。たぶん、流行がまた来ても私は使えない。

それを着こなせる人は、相当なオシャレさんかと。

久しぶりにファッション誌を読んで色々と思い出させてもらいました。そして、私はもう少し靴やカバンなどファッションアイテムを減らす予定の秋です。

最近はあまりそういう記事を書いていませんが、手放したものもありますし、アップデートしたものもあります。
「ファッションカテゴリー」の中の記事。

Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。