⭐︎

Sponsored Link

2016-10-03

部屋に余白ができたら、次は身体や心にもスペースを作ってみる。


ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ
前回までの「体と暮らしのテーマ」は「女を磨く」でした。

▶︎ 優しい乾布摩擦のやり方。

新しいテーマができるまでは、それを続けていたのですが、だいたいいい頃合いに次のテーマが自然と見つかってきます。



今回のテーマは「スペース、余白」

先日、散歩をしている時にふと「あ、股関節の間にスペースがある」と感じることがありました。そのスペースに気づいて、その日はとても歩きやすかったのです。とても長く気持ち良く歩いていられました。

体の中のスペース。

肩や首が凝ってる時って、肩と耳がものすごく近づいていて狭くなっていたりしますね。そのあたりにスペース、余裕を作るには、少し肩を下げてみる。

どうも呼吸が浅い、苦しいなと感じる時は肩が内側に入って、胸が閉じ猫背になっていたり。そこに空気を気持ち良く入れるにはどうしたらいいかな?と想像しながら、少しずつ胸に余白を作っていきます。

自分で体の中のスペースを意識して作ろうと思うと、背筋を伸ばしてみたり、呼吸を深めてみたり、ストレッチしてみたり。

大きくたくさん動かなくても、小さな動きだけでも少し余白ができてくる。余白ができると体が軽く感じたりもする。

ミニマリスト、シンプルライフを送る方のお部屋はとてもすっきりしていてスペースがある。スペースがあると風通しが良くって、掃除も楽。いろいろとメリットを感じている方も多いはず。

▶︎ 空間に余白を、すっきりとさせておくと時間も自由も増える。

お部屋が片付いたら、次は自分の体や心の中のスペースを感じてみませんか。

私も今回は、ヨガでポーズをとる最中だけでなく、日々の生活の中でも、「体の中にスペース(余白)をつくる」をテーマに過ごしてみたいと思います。新鮮な空気がたくさん行き渡るように。

心にスペースを作るには瞑想も役立ってくれますよ。

▶︎ 1日3分からはじまるシンプルライフとおすすめの瞑想アプリ。

ゆっくりと深呼吸することも、自分の中の空間、余白を広げてくれます。

▶︎ ヨガの効果や呼吸法など、ヨガ関連記事まとめ

体のこと、といえば、すっかりボルダリングにはまっています。また週末も行ってきました。近くでやっている方いないかな?教えてほしい。

▶︎ ヨガとクライミングの美味しい関係に気づいてしまった。


「余白・スペース」にまつわる記事


Sponsored Link
 


こちらもあわせてどうぞ。

記事が気に入ればシェアしてくださると嬉しいです。