Sponsored Link

2016-12-10

【断捨離】2016年に手放した持ち物。

12月です。

大掃除に向けて、いらないものを整理し始める季節でもありますね。

うちでは、今は「1つ買ったら1つ手放す、手放すものがあるから買う」というルールをなるべく夫にも守ってもらっていて、極端に物が増えたということもないので、とくにこの12月に慌てる、ということはなさそう。ありがたいです。

自分が把握できる分だけを持つ、というのは精神的にもとても安定します。

▶︎ 大きなものも小さなものも自分が管理できる分だけを持つ。



この部屋は3年ほど前のリビング。今より広いリビングだったのでソファーやオーディオを置く余裕がありましたが、今のリビングではこの余裕はありません。引越しとともにすべて手放しました。

そして、今この写真の中で残っているものは、テレビ、植物、時計、くらい。

では、この1年で手放したものをいくつか振り返ってみます。

空気清浄機


もともと夫が一人暮らしのときから使っていたもの。タバコを吸っていたこともあったので、そのときに買ったのかな?と思うのですが、やめてからはあまり必要を感じていませんでした。

ただ、壊れるまでは使おうかと思っていたのですが、壊れる様子もなく、場所も結構邪魔に感じてきたので手放しました。

なくても、「劇的に空気が悪くなった」などというような変わりはないので、うちには必要なかったかな?と思います。


ジム用品


これも夫の持ち物ですが、夫の部屋の半分がジム用品になっていました。家で仕事していた頃は、これで健康管理をしていたのですが、会社に勤めるようになってからは使う頻度も減り… 埃も溜まり…

これもすべて手放しました。大変だったのは30キロのダンベル…。運ぶのが大変でしたね。

今は、近くのジムに時々通っています。あとはクライミングジムに二人で通いだしましたね。これは必要なものは靴とチョークですが、今のところレンタル。これは面白いし、かなりいい運動になります。

▶︎ ヨガとクライミングの美味しい関係に気づいてしまった

ダイエットの目標に関しては、お弁当のおかげで(と思いたい)10キロほど痩せました。

体のメンテナンスに関しては、ヨガが本当におすすめなのですが(持ち物もヨガマットさえあれば、自分の体ひとつでできる。柔軟も筋トレにもなる。そういう面でも私はとても好き)なかなかここは好みの問題でもありますね… 押し付けないようにはしています。

他にもこまごまとしたものあるのですが、とりあえずこの2点が大きな手放したもの。


その時々の環境に合わせて


空気清浄機もジム用品もそのときの夫には必要なものだったのですが、今しばらくはいらないということ。手放しても案外平気、ということ。

「いつか使うかも」で3年も5年ももしかすると10年もとってあるもの。

私はたくさんありました。でも思い切って手放してみてから、「やっぱりあれ必要だった」っていうものは今のところ出てきていませんね。

私が手放せなかったものの多くは、服やカバンに靴などの服飾関連のものでしたが。

▶︎ 【服の断捨離】改めて自分の気持ちと向き合う

単に「捨てられない」と思うならなぜ捨てられないのか、その気持ちと一度ちゃんと向き合ってみることも大事。

その気持ちと向き合って、それでも「捨てたくない」と思うものは自分にとって大切なものなのだろうと思います。

結局この作業がヨガとものすごく、似ている作業なのですよね。

今家の中を見渡して、時期がくれば手放したいな、と思うものもいくつか。まあ、その時期がくれば。

また引っ越す可能性もあるので、もう今持っている以上の大きなものは増やしたくないな、とは思いますね。

大きなものをできるだけ、小さく、コンパクトに。

そうしていきたいです。

「捨てる」にまつわる記事




Sponsored Link

\応援クリックが励みになります。ありがとう/
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ

Back Number