Sponsored Link

2017-03-04

素材そのものを味わう春野菜たちに心躍る。

「春の新作」

それは心ときめく魔法の言葉。

色とりどりの新しいお洋服を買いに。

今はシーズンごとに新しい服をたくさん買うということはなくなったけれど、それももちろん、楽しいことのひとつでもあるし、心を楽しませてくれるもの。

▶︎ 服を減らしてから、セールに惑わされなくなった

ただ、今わくわくとして楽しいのは、八百屋さん、スーパーの野菜売り場。エネルギッシュな春野菜がたくさん並んでいる。

鮮やかな緑にこころ躍る!野菜を見ているだけで楽しいなんて今まで感じたことなかったけど、こちらの新作が待ち遠しい。


ある日は、三度豆(いんげん豆)90円にとびつきました。ビタミンC、β-カロテンも豊富で肌や粘膜の健康も整えてくれる。敏感な季節の変わり目に摂りたい栄養。

最近気に入っているのは、ごまをすって塩麹で和えたもの。塩麹さまさまです。

▶︎ 【キッチン用品】シンプルで使いやすい木のゴマすり器

インゲン豆 三度豆 塩麹和え

春キャベツもシャキシャキ!こちらは千切りのキャベツにして常備。こちらは夫の実家から送って頂いたもの。いつもいつもありがたいです。

▶︎ 【常備菜】キャベツの千切り


ドレッシングに醤油麹をつかっているけれど、時々は何にもかけずよくよく噛んで味わって食べるようにしている。よくよく噛んでいるとキャベツの中の甘いものがじんわりと感じられてくる。

最近は発酵食にはまっているので、ザワークラウトにもしてみたい。

そしてこちら。なばなはあんまり食べたことなかったけど、菜の花の仲間だそう。

なばなもβ-カロテンやビタミンB1.B2が豊富で抗酸化作用があったり、肌の健康にいいお野菜。嬉しい野菜。


友人に教えてもらったお塩がとても美味しくて、野菜を蒸したりそのままだったりしたものに塩、というシンプルな味付けが気に入っているのですが、なばなを蒸したものに塩!これとっても美味しい!美味しすぎて本当に心が躍ったくらい。笑

ちなみにお塩はこれです。もちろんお肉や魚にもあう。

あとはお醤油、辛子、お酒、砂糖でささっと和えて辛子和えにしてみたりも。

新鮮な春野菜を食べると、心身が喜ぶ!という感じがする。多分それが、野菜からちゃんとエネルギーをいただいているということなのかな、と。

最近甘い物やコーヒーなど刺激的なものを少し控えているので、素材そのもののシンプルなものが美味しいという感じるようになったのかな。そういう感覚は敏感に保っていたい。

これはとても嬉しい効果なので続けていこうと思います。

そして、私は今この文章を野菜から頂いたエネルギーで書きました。そうやって循環させているのです。

「野菜」にまつわる話。


スポンサーリンク

\きょうもありがとう/
ブログランキング・にほんブログ村へ

Back Number