Sponsored Link

2017-04-10

いかなごを諦めて、くるみの甘辛煮。



以前、兵庫県の西宮へヨガのレッスンに通っていたことがありました。春になると、そこの生徒さんからおすそ分けを頂けるものが。

小女子(いかなご)のくぎ煮。

その時初めて知ったのですが、兵庫はその名産らしく、新物が取れると多くの家庭での手作りされるんだとか。そして、郵便局に行くと、それを送る専用のタッパーと小包も売っていました。びっくり。それくらいメジャーなんですね。

生徒さんの中には『いかなごくぎ煮コンテスト」?なるものに優勝された方もいらっしゃいました。すごい。

私はさらにそこにくるみが足されているものが好き。

スーパーで見かけるようになり、そのままカゴに入れようと思ったのです。ですが、だいたいスーパーに売っているものってちょっとしか入っていないのに割と良いお値段する。好きなのでよく食べる。すぐなくなる。

というわけで作りました。ただ、いかなごが売り場で見当たらず、すでに佃煮になっているものばかりが売られていて。

くぎ煮にするいかなごは獲れたてを使うんですね。そりゃ、売ってないはず。

というわけで、ただのくるみの甘辛煮です。笑。

くるみを軽く炒ってから、甜菜糖とお醤油とお酒で味付け。

冷蔵庫に入れておいたらカッチカチになってしまいましたが…

美味しかった。これならくるみを買ってきて自分で作れる。たくさん食べられる。たくさん食べ過ぎるものではないのですが…

あるとお弁当の隙間埋めにも便利なので、常備菜にしておきたいところ。

スーパーだと100g300円くらいしたので、くるみはこっちの方がお得。

▶︎  無添加 生くるみ 1kg(500g×2) 

いかなご入りは、諦めて買おうと思います。


Sponsored Link

\応援クリックが励みになります。ありがとう/
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ

Back Number