Sponsored Link

2017-05-26

京都で美味しい餃子が食べたくなったら、亮昌(すけまさ)へ。

書くことを全く想定していなかったので、写真が1枚もなく、なんの食レポにもならないのですが、久々に食べて、やっぱりここの餃子おいしい!好き!と思ったので書きたくなりました。

餃子2人前とご飯とお味噌汁、そしてお漬物、というシンプルな餃子定食を目当てに。

亮昌の餃子。土日の夕どきだったので、ちょっとばかり並びます。

「いただきます」で二人ともしばらく無言でほおばるのです。ぱりぱり、むしゃむしゃと。

お値段は750円くらいだったはず。

餃子はこってりという感じではなく、女性でも食べやすい割とあっさりとした感じ。餃子なら当たり前に使う中華調味料を使っていないのです。

餃子が美味しいのはもちろんのこと。それだけでなくて、ここはご飯の炊き具合もとても好み。お漬物も美味しい。

使われている食材にはかなりこだわりを持たれていて。タレも自家製で美味しいのだけど、餃子を山椒で食べる、というのもなかなかいいものです。

そしてうちでも餃子を作るときには、ラー油に昆布を入れるのですが、それはこちらのお店の真似。

美味しかった!

そして次の日。餃子をたんまり食べた日は、だいたい気になるのがお口のマナーですが…ここのはそんなにひどくないんですよね。

餃子好きなので手作りすることも多いのですが、たまに外で餃子が食べたくなるというか、亮昌の餃子が食べたくなるというか。

ごちそうさまでした。

▶︎ ぎょうざ処 亮昌

【追記】

高島屋や伊勢丹でたまに催事で来ています。この日は伊勢丹で見つけたのでお持ち帰り。


おまけの本日の仔猫です。笑。ちょっと餃子ぽい形…じゃないな。

ごめんなさい。




「京都」にまつわる話

【お知らせ】
今更ながらにFacebookページを作りました。
こちらからも更新をお知らせいたします。お気軽にフォローしてくださいね
▶︎ FacebookInstagramTwitter


Sponsored Link

\follow me/
ブログランキング・にほんブログ村へ
♡ Please Share ♡
 

Back Number