Sponsored Link

2017-07-18

湯シャンだからこそ、ドライヤーをアップデート【ナノケア】

正直なところ。

「ドライヤーなんてどれも一緒でしょ」と思っていました。

とにかく苦手なドライヤー。暑い時期のお風呂上がりのドライヤーはほんとに悲惨です。

夏はドライヤーするとせっかくお風呂入ったのに汗をかくし、冬はドライヤーの風で乾燥するし…

早く乾かしたいからと一番強風で乾かすと、髪もパサパサ。ちりちりになった毛も浮いてくる…

はぁ。

それでも「ドライヤーなんてどれも一緒でしょ」と思っていました。

ゆくりさんのこちらの記事を読んで、あれ?もしかして変わるのかも?と。

▶︎ 【美容師さんおすすめ】ヘアビューザーを買ってみた。身の回りを少しずつ好きなものに替えていく。ミニマルライフと暮らしごと

美容師さんおすすめの3つのドライヤーを紹介してくださっています。

ナノケア ドライヤー

私が今まで使っていたものは、数千円のものでかれこれ10年ほど使っていたもの。時々変な音もしだすようになったのとコードが絡みすぎて断線などの不安が出てきたので、買い換えを検討することに。

上の記事を読んで私も色々調べてみました。

ヘアビューザーテスコムのノビーも評価が高いのですが、ちょっと大きかったり、「折りたためない」というのが、狭い洗面所の我が家にはネック。

それ以外に、風量が半端ないと噂のダイソンも候補に入っていました。よく行く銭湯に置いてあったので試しに使ってみたところ、確かに風量はめちゃくちゃ強いのですが、強すぎるゆえに私に使いこなせない感。うまくセットできなかったのですね。

そこで、私が選んでみたのが、パナソニックのナノケアです。


ナノケアを使ってみて。


びっくり。ここまで使用感が違うとは驚きです。

まず、使用中の不快感がない。風量が一番強いターボにすると、かなり早く乾くようになりました。

部屋が暑いときは、温度を自動的に調節してくれる「インテリジェント温風モード」のおかげで、ドライヤーで汗ばむということもない。

温風と冷風を自動で交互に切り替える「温冷リズムモード」では、髪にツヤを与えてくれる。

そして、一番惹かれたのが、地肌をケアしながら乾かしてくれる「スカルプモード」と美顔器にもなるという「スキンモード」。地肌を乾かす時はこのどちらかにすると、頭皮が熱すぎたり、乾燥したりということがない。

春の肌荒れで、ドライヤーの風にも敏感になっていた私にはこのモードはかなり嬉しいこと。

ナノケア スキンモード

イオンとかはよくわからないけど、とにかく、ナノケアに変えてから、触り心地も違うしツヤもちがう。何より静電気が立たないので、髪がちゃんとまとまっている。浮いた毛がでてこない。

ちなみに、仔猫もお風呂に入った後、タオルドライしてから、遠くからドライヤーを当てて乾かしましたが、さほど嫌がらずに大人しくしていてくれました。(以前使っていたドライヤーでは、逃げられた)

猫 ドライヤー

毛もふわふわに。熱くないスキンモード使用で、猫の毛にも効果ありのナノイーかな。


湯シャンだからこそ、きちんと乾かすこと。


ドライヤーが苦手で髪の毛乾かすのが本当にイヤだったのですが、ナノケアに変えてから快適。むしろちゃんと乾かしてから寝たい、と思えるように。

湯シャン(時々シャンプー派)だからこそ、「ちゃんと乾かしてから寝る」ってとても大切だな、と。生乾きのまま長時間放置すると、ちょっと不快感あります。

とにかく、ドライヤーひとつで湯上りがこんなに快適になるとは。買い換えて本当に良かったです。

もっと早く買い換えれば良かった。9月には更にバージョンアップしたものが発売されるそう。

私が購入したのはこちら。


「湯シャン」にまつわる話



スポンサーリンク

\Click!ありがとう/
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログテーマ:シンプル・ミニマルライフ

Back Number