Sponsored Link

2017-07-27

【夏の雑巾がけ】夏は床と足の裏をさっぱりさせておくと心地よい。

うちの猫は、お風呂場が好き。

人がお風呂に入っているときや、シャワーを浴びた後なんかは欠かさずやってきて、自分も水浴びをしたり、水滴をなめたりする。

そのあと。

バスマットで足を拭いてから出てくれたらいいのだけれど…

まさかそんな器用なことはせず、そのまま濡れた足跡をちょこちょこと残して、どこかへ消えていく。

その足跡は、猫好きにはたまらず可愛いのだけれど、床にしみができたりするからやっぱりそのままは良くない。

というわけで、この夏はよく床磨きをしています。(するはめに)

濡れた足跡を拭くついでに、ちょっとそのまま周辺を。



夏の床。夏の足。

足も汗をかくから、足裏もなんだかべとべとして気持ち悪い。そう考えると、床も夏は皮脂汚れなどが多そう。



雑巾がけをして、そのあと素足で歩くと床がひんやりしていてとても気持ちいい。

猫も気持ちがいいのか、さっそくその上でゴロンと毛を巻き散らかしてくれるのだけれど。

そういえば幼い頃、夏は外から遊んで帰ってきたら、「足をまず洗って」と母によく言われたことを思い出した。玄関先にはすでに濡れたタオルが準備されていて、それで足を拭くこともあったな。

今もそれやってもいいかも、とウェットティッシュを玄関に置いて足を拭いてみたら、思いのほかに気持ちいい。

夏は足の裏と床をすっきりさせておくと、気持ちがいい。


「夏」と「床」にまつわるはなし。


Sponsored Link

♡ Please Share ♡
 

Back Number