Sponsored Link

2017-08-18

ヨガの先生(インストラクター)になりたい。

「ヨガのインストラクターになりたい」こういった相談のお問い合わせを時々いただくことがあります。

今、学生の就職活動のひとつとしても「ヨガインストラクター」が入ってくる時代なのだとか。

私のクラスにも以前「ヨガは初めてだけど、インストラクターになりたくてクラスを受けたい」という学生さんがこられたことがあります。

どこの教室や養成講座がおすすめかなどは、私が実際に体験したことしかお伝えできないのでここでは控えますが、今日はその質問に対して、私が少し考えたことを。

ヨガインストラクター



「ヨガが楽しい」「ヨガが好き」

その思いでヨガを続けていると、自然と出会うべき場所や先生に導かれるのでは、そう思っています。

少なくとも私のまわりにいるヨガの先生や仲間たちは、その思いで溢れている方ばかり。だから、人としてもとても魅力がある方がたくさん。

▶︎ 周りが羨ましく見える時。

ヨガをしていると、自分の感覚をどんどんと研ぎ澄まさせていくこともあり、本当「!」と感じるときがあるのです。

ヨガのアーサナの練習をしていると、「リラックスして気持ちがいい」「自分が自分であること」「自分にOKを出せる瞬間」そういうことが味わえるときがあります。

まずは、その時間を大切に。だから、アーサナの練習はとても大切。

自分が自分であることを受け入れて楽しんでいること、一番はそれなのかな?と今回質問をいただき、改めて思いました。

私も、「インストラクター」という役割を与えてもらっていても、いち練習生であることは変わらず同じ。

enjoy practice !

質問の答えにはなっていないかもしれませんが、少し思ったことを書いてみました。

考えさせていただくきっかけと、ご質問ありがとうございました:)


「ヨガコラム」のなかからこちらもどうぞ。




Sponsored Link

♡ Please Share ♡
 

Back Number